FC2ブログ

山の暮らし 前篇

  • Day:2009.06.08 21:05
  • Cat:自然
もう10年も前のこと。友人と山の話をしているとき、「大江町(現福知山市)の北原という集落から、きれいなピラミッド型の山が見えるよ」と聞き、それがずっと気になっていました。そして小雨模様の日曜日、10年越しの好奇心を満たすべく、車を走らせました。開通した京丹波わちインターから京都縦貫道を走り、舞鶴大江インターを目指します。
大江由良川2ブログ
インターを降りて由良川に沿って少し遡り、三河(そごう)の交差点を大江方面へ右折。
左手に見える由良川は、2004年の台風のとき周囲の民家を飲み込み、犠牲者を出した暴れ川です。「九死に一生シリーズ」で有名なバスが水没したのも、この少し下流。そんなことは忘れてしまったかのように、由良川はゆったりと流れていました。

大江北原城山1ブログ
大江町内宮から左の細い谷筋の道に入り約5キロ、突然の急な上り坂にエンジンはあえぎます。
ふと振り返ると、話に聞いていたピラミッドが鎮座していました。
地図を見ると、「城山427m」とあります。決して高いとはいえない山ですが、天を突くようにそびえる姿が、山好きの心をそそります。

大江北原城山6ブログ
山の見え方から推測すると、自分の立っている北原地区は、標高300mくらいでしょうか。
民家は15軒あるかないか。鬼伝説で有名な大江山にも近く、冬場は雪で閉ざされそうな集落です。
平家の落武者伝説も残っているそうです。道端で草刈りをしているおじいさんに軽く会釈をしたのですが、いぶかしげに無視されてしまいました(汗)。
どうしてこんな不便でさびしい山里で暮らさなければならないのかと、なんだか胸がしめつけられるような思いがしました。住んでる人たちにとったら、住めば都なのでしょうけど。

(続く)


Comment

No title
わたしは、ta-raちゃんが写す、少しウェットな感じの田舎が大好きです。これは理屈抜きに、本能がそうOKサインを出しています。
生まれ変わったら、写真のような田舎で自給自足をして暮らしたいです。
自然+和風・・・今も将来も、わたしがずっと憧れ続けるであろうライフスタイルです。

・・・あ、別に生まれ変わらなくたってできるかもね。^^ 笑
  • 2009/06/11 18:18
  • けいな
  • URL
  • Edit
Re: No title
けいなさん
コメントありがとうございます(^▽^)/。

自給自足・手作の暮らし…そういう本能は、きっとご両親のDNAかもしれませんね。今は街の中(でもないですかね)に住んでいても、それに近い感覚で暮らしておられるようにお見受けするのですが。
僕も八百屋時代はいろいろ考えましたけど、体力的なこともあって、今は「中途半端な田舎暮らし」でいいかな、と思っています。

同じ京都府の綾部市に、天の意に沿って小さく暮らしながら、個性・長所を世に活かす行き方「半農半X(エックス)」を提唱されている、塩見直紀さんという方がおられます。時々ホームページ見て刺激をもらっています。自分にとってのXは何だろう、とずっと考え続けていくんだろうなと思います。
  • 2009/06/12 00:01
  • ta-raちゃん
  • URL
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)