FC2ブログ

木の香り

  • Day:2011.07.29 23:15
  • Cat:場所
川端康成の小説「古都」の舞台となった北山杉の里、中川。
バイパスの中川トンネルを抜けずに、旧周山街道を通りました。
半月ほど前、梅雨明け直後の写真です。


時間にして5分程度の大回り。
nakagawatsuyuake2.jpg

でも、急いでいないときは、ついハンドルを旧道の方に切ってしまいます。
かすかな木の香りを吸い込みたくて…
nakagawatsuyuake7.jpg

nakagawatsuyuake5.jpg

nakagawatsuyuake6.jpg
(京都市北区中川)

Comment

川端康成の小説の舞台になった場所が京都にもあるんですね~全然知らなかったです(汗)
確かに小説にしたくなる雰囲気の場所ですね。お写真からも伝わってきます。
ちなみにこういう場所、僕は大好きです(笑)
バイク車検から戻ってきたら行ってみようかな~

  • 2011/07/30 21:59
  • ぺんた
  • URL
ぺんたさん
こんばんは(^^)

むかし読んだような気がしますが… はは、ほとんど覚えてないのです(汗)。
ただ、舞台がここだったという記憶だけが残っています。
長年山仕事で生きてきた「誇り」のようなものが、朽ち果てそうな建物ひとつ
ひとつから感じられるところですよ。

中川は道が狭いので、バイクが正解だと思います。
ぺんたさんの「中川」、是非見てみたいです!! ←リクエスト
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)