FC2ブログ

バス停の花

  • Day:2011.06.07 22:58
  • Cat:場所
盆地の山手を走る路線バスの停留所です。
1日に走るバスの数は、片手でも十分なくらい。
自家用車が一家に複数台の時代ですから、仕方ないか。
hozubustei6.jpg

hozubustei3.jpg

hozubustei2.jpg

小さな花壇の花も、ちょっぴり寂しそうです。
hozubustei4.jpg

hozubustei5.jpg
(亀岡市保津町)

Comment

ta-raちゃんさん おはようございます。
自家用車が各家庭に数台ある時代でも
お年寄りには必要なバス

そんなお年寄りがこの花を眺めて癒されておられるのかな~

昔は賑ってたバス停なんでしょうね。
こんばんは。

バス停。。好きなんです。
どの場所へ行っても、バス停は探して、
いいなぁって思うのは必ず撮ります。
UPされてるバス停、古くからあるバス停みたいで、いい感じですね。

小さな花壇は誰かが植えたりするのでしょうか。
私はペーパードライバーなので、絶対にバスは必要であります(笑

↓牡丹と芍薬の違いを聞いてくださって
ありがとうございました。忘れないようにメモしました。助かりますv-410
紅葉さん
こんばんは(^^)

利用客が減るからバスの本数が減らされる。
バスの本数が減るから、利用客が減る…
何だか、悪循環になっています。
せめて、1時間に1本でも走っていたら、また状況も
変わるような気がするんですが。

小・中学校とバス通学をしていましたが、いつも満員でした。
自家用車のある家庭は少なかったので、皆がバスを利用して
いた時代。
エネルギー消費の面でも、とても効率のよい乗り物ですね。
めいさん
こんばんは(^^)

こちらに住むようになってから、もっぱら移動手段は
自家用車になってしまいました。
もっとも、住んでいるところにはバスが走っていないのですが…。

バスを利用しなくなっても、バス停は“旅”や“生活”を感じる
ことのできる、魅力的な被写体です。
ここは、コンクリートの黒ずんだ感じと花の対比が印象的でした。

仕事に疲れて外の空気を吸いに出たとき、園芸療法士さんが、
ドンピシャのタイミングで現われました(*^^)v
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)