FC2ブログ

ソローのこと

  • Day:2011.02.06 00:08
  • Cat:自然
三郎ヶ岳の向こうに陽が昇る。


まだ静寂に包まれている平の沢池周辺。
hiranosawa2.jpg

木立ちの間から池をながめていると、ふとH.D.ソローのことを思い出した。
hiranosawa5.jpg

ソローは1845年、28歳のときに、マサチューセッツ州ボストン郊外の
ウォールデン湖畔に簡素な小屋を建てて生活を始めた。
その日々をつづったのが『森の生活』。
hiranosawa3.jpg

「人によってそれぞれ歩むペースが違うのは、みんな違った太古の
リズムを聞いているからだ。自分の耳に響く行進のリズムに合わせて
歩もう。それがどんな拍子であっても、どんなに遠くとも」。
(『森の生活』ヘンリー・デイヴィッド・ソロー)
hiranosawa1.jpg
久しぶりに文庫本をパラパラめくってみました。

Comment

ta-taちゃんさん おはようございます。
こう言うところを散歩できるなんでいいですね~

元気が貰えそうですよ。
紅葉さん
こんばんは(^^)/

はい。ちょっと早起きすれば、こういう時間をもてるのは
幸せなことですv-410
でも、ちと寒~いです。

どんなところに住んでいても、都会のど真ん中でも、山の中でも、
海辺の町でも、朝の空気は特別ですね~。
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)