FC2ブログ

急峻の地

  • Day:2010.09.16 23:20
  • Cat:場所
亀岡市から府境を越え、大阪府の池田市へ至る国道423号線。
亀岡市の西別院から大阪府の豊能町~箕面市にかけて、道の両側に急峻な棚田を
眺めることができます。


いつもは、大阪方面へ出るときにちらと眺めるだけなのですが、
この日は時間があったので、少し寄り道してみました。
toyononoaki7.jpg

平地の田んぼに比べて、ずっと効率が悪そうな
小さな田んぼ。
toyononoaki6.jpg

ひと昔前の、まだ日本中があくせくしていなかった頃を
思いだします。
toyononoaki9.jpg

「大切なのは、決して効率だけではないよ」。
小さな田んぼが、そう語っているようです。
toyononoaki8.jpg
(亀岡市西別院町~大阪府豊能町)

Comment

ta-raちゃんさん おはようございます。
懐かしいですね~

昔はこうして稲を天日干しにしてましたね。

紅葉さん
こんばんは。

干してある稲のまわりに漂う芳ばしい香り。
気持ちが落ち着きますし、とても好きな香りのひとつですv-398
少し、ノスタルジックな気分にさせてくれる香りでもあります。

紅葉さんは、昔ご実家の方で稲を干された経験がおありなのでしょうね。
僕は小さい頃、父の実家で手伝った(邪魔した)記憶が…(^^)
棚田や稲木はめずらしくなりましたね。
こんな所 訪ねてみたいな~。
うちより昔の景色が残っています。
私は田植えや稲刈りは参加するのですが、
田んぼの仕事をしている時は、すごく大変やけど、だからこそかな? 
とても尊い仕事をさせてもらっているって気がするんです。

そして 御先祖さまは同じ場所で、同じ景色を見て、同じ事をしてたのやな~って実感するんです。
けど 厳密に考えると、景色や作業は
かなり変わっていると思うのですが。

そんな事をボワ~って感じながら
作業の合間に山や空を見るのが、すきなんです。
たらちゃんさんにも 解っていただけますか?
  • 2010/09/18 18:24
  • ポー
  • URL
  • Edit
ポーさん
こんばんは。
何か、深イイコメントをありがとうございます。
考えさせられます。

言葉で言い表せないような感覚、なんとなくわかります。
世の中が完全な分業制になって、私たちは土を一歩も踏むことなく、
普通に暮らせるようになりましたね。でも、ときどき田んぼや畑に
入るということで、眠っている感覚が呼び覚まされるような…。

自分の体力に見合ったような、無理しない中途半端な田舎暮らしを
続けていこうと思っています(^^)/
写真の田んぼの場所から大阪のビル街まで、なんと車で20分です。
1本残らず刈り取られ、
丁寧にはぜ掛けされた稲。

小さな仕事や
面倒な仕事も、最後まできちんとやることの大切さを教えてくれるようです。

こうやって丁寧に作られたお米は、
きっと一粒残らず食べてもらえることでしょう。



けいなさん
こんばんは。

一枚の田んぼの風景から、感じ取ることのできる世界は無限なのですね~。
大げさでなく、お米を作られた農家の方の人生観まで、田んぼの風景に
取り込まれているような気がします。

「小さな仕事や 面倒な仕事も、最後まできちんとやることの大切さを
教えてくれるようです」……とのフレーズに、ハッとさせられています(^^)
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)