FC2ブログ

峠道にて

  • Day:2020.12.23 06:24
  • Cat:自然
峠道で目を惹くのは、シバグリやクヌギ系の黄葉の輝き。








晩秋から初冬にかけても葉を落とさずに、茶色くカサカサになるまで
頑張っています。

shinouba7.jpg






この木が葉を落としたら、いよいよ冬本番ですね。

shinouba3.jpg








shinouba9.jpg
nantan yagi, kyoto

Comment

黄葉や茶葉が
 秋の野山を錦に染める美しいカエデやナナカマド、ウルシやハゼの色も嫌いではなく、以前は車では行きにくい谷間の林道を単車で走り抜けましたが、私は自分ではそうだとは気が付かなかったのですが、ゆったりとした気分により浸ることのできたのは、雑木林の中の黄葉や峠路で夕陽を浴びている茶色の葉だったのでしょうねえ!今ではもう、歩くこともできなくなりましたが、例えば伊那の谷、また東北飯豊の稜、植林されていない、あの黒い緑ではない麓の丘や里の、銀杏ほどには自己主張をしていない、黄葉や茶葉の広がりが好きだったのですねえ!
  • 2020/12/23 11:14
  • さぶちゃん大魔王
  • URL
さぶちゃん大魔王さん
コメントありがとうございます^^

こちらは栗の木が多いので、夕方になると
西日に照らされた黄葉や茶葉が輝いています。
葉っぱとしては光合成の役目を終えているのでしょうが、
散り際に輝くって素敵です。
仕事で移動中なんかに見かけると、カメラがないことを悔やみます(^^ゞ

さぶちゃんほどあちらこちらを訪れたことはないのですが、
余裕ができたら(できるか?)、全国各地の晩秋の風景を
見てみたいものです。

  • 2020/12/23 22:35
  • ta-ra
  • URL
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)