FC2ブログ

晩秋秋桜

  • Day:2020.12.05 07:00
  • Cat:自然
曇り空の下、イチョウを撮っていると、








足元では

kosihaticho1.jpg







秋桜がまだ頑張っていましたよ^^

kosihaticho4.jpg









kosihaticho5.jpg
saga koshihata, kyoto

Comment

そうするてーと?
 さが・こしはたって、嵯峨野の一郭ですか?
  • 2020/12/05 16:32
  • さぶちゃん大魔王
  • URL
さぶちゃん大魔王さん
コメントありがとうございます^^

一応京都市に属し、嵯峨と名乗っているのですが、
いわゆる嵐山のある嵯峨野からは、険しい山道の悪路になります。
遭難覚悟なら、来れないこともないのですが、
たぶん、都の人たちから見ると、隠れ里だったのでしょう。

私の住む盆地からは、トンネルでちょちょいのちょい(笑)
1時間もあれば、じゅうぶん撮って帰ることができまする。


  • 2020/12/05 23:13
  • ta-ra
  • URL
このイチョウはどんな所にあるのでしょう?イチョウの向こうの建物(の屋根)が気になります。
どうでも良いですが、こんなコスモスって、かえって寒そうに見えますね。がんばらなくてもいいのに・・・。むしろ南天の赤が暖かそうです。
  • 2020/12/06 07:28
  • やや
  • URL
  • Edit
ややさん
コメントありがとうございます^^

標高500mの険しいところにある集落です。
寒いところなのに、よく秋桜咲いてたな~と思います。
建物は重要文化財に指定されており、
いつもイチョウのバックに撮らせていただいております。
以下、京都市HPより引用です。

当家は幕末には嵯峨大覚寺の御典医を務めていた。

主屋は明暦3年(1657)の建築で,年代が確定する民家としては市内最古である。

摂津北部から丹波地方にかけて分布する摂丹型に属し,正面寄りに鍵型に突出した角屋座敷は書院風。

他に長屋門(元禄9年・1696)や土蔵2棟(共に江戸後期)も残る。
  • 2020/12/06 17:56
  • ta-ra
  • URL
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)