FC2ブログ

鯖街道

  • Day:2020.09.01 06:25
  • Cat:場所
休憩のため立ち寄った道の駅に車を停めて、少しだけお散歩。








夕方だったせいか、地元の方の姿を見るぐらいで、
ひっそりとしていました。

kumakawa3.jpg






若狭から京都へ、鯖の通った道。
海近くで育ったので、しめ鯖とかは、あまり食べませんが(^^ゞ

kumakawa8.jpg








kumakawa6.jpg
kumakawajuku, fukui

Comment

気になりますね~
 古びた宿場町のたたずまい、何かきになりますね~!重い塩サバの入った籠を担いで、荷に負けぬ小走りでこの街道を京までたどると、程よく塩の回った日本海の青魚をお晩さいに使っていたのでしょうねえ!3枚目の雨戸に打ち付けられた看板、梅田雲浜は小浜の出身だったでしょうか?幕末のことも忘れてしまいましたが、関連するのでしょうか?歴史に取り残されたかのような街の姿に、郷愁を覚えてなりませんが・・・
  • 2020/09/01 09:32
  • さぶちゃん大魔王
  • URL
奥出雲では「焼きさば」が名物ですよ。
毎日じゃないけど頻繁に食べてますよ!
そして「しめ鯖」も大好きです!
良いなあー鯖街道
  • 2020/09/01 21:07
  • kenichi
  • URL
  • Edit
さぶちゃん大魔王さん
コメントありがとうございます^^

私は歴史にはあまり詳しくはないのですが、
梅田雲浜は、確かに小浜の生まれのようですね。
幕末の志士たちに影響を与えた人… という程度の
知識です(笑)
小浜の海沿いに、雲浜小学校というのがあるのですが、
「くもはま」と思っていました。
なるほど、そう考えると「うんびん」なのですね!!
勉強になりました。
  • 2020/09/01 23:32
  • ta-ra
  • URL
kenichiさん
コメントありがとうございます^^

今でこそ道路が整備されて、新鮮な魚が手に入るのでしょうが、
海から遠い、奥出雲。
ひと昔前までは、「焼きさば」として流通していたのかもしれませんね。
木次線に乗って行商のおばちゃんがかごを担ぎ…
なんて、想像してしまいます。

熊川宿は、若狭方面から京を目指す人たちにとって、
最初の休憩地… のような位置にあります。
  • 2020/09/01 23:38
  • ta-ra
  • URL
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)