オキーフの家

  • Day:2018.06.25 00:00
  • Cat:ひと
地元の図書館で見つけた本。







20世紀のアメリカ美術を代表する女性、ジョージア・オキーフ。
1986年に98歳で亡くなるまで、ニューメキシコ州で40年近く、
孤高の晩年を過ごしました。

DSC_0347_00012-2.jpg




彼女が過ごしたアビキューという村の、アドービ(日干しレンガ)の家や
その周辺の写真に、静謐なエッセイが添えられています。

実に簡素な家のたたずまいは、オキーフの人生同様、虚飾は一切ない。

DSC_0342_00015-2.jpg





寝る前の僅かな時間、ちょっと楽しみができました。
貸出期間は2週間ですが (^^ゞ

DSC_0351_00014-2.jpg

Comment

O'Keeffe、いいですよねー。Stieglitzの写真もいいですねー。
TORUさん
コメントありがとうございます^^

そうですね。
旦那さんのアルフレッド・スティーグリッツは、
有名な写真家。

奥さんであるジョージア・オキーフを写したものも
沢山あって、とても印象的な作品ですね。
オキーフの作品の価値を見出したのも、旦那さんだった
みたいですね。

  • 2018/06/25 22:29
  • ta-ra
  • URL
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)