FC2ブログ

探検家

  • Day:2015.08.21 00:10
  • Cat:自然
猛暑から逃げ出して、夕陽を見ようと急坂を登る。






夕陽はイマイチだったけど、

koshiyuu4-2.jpg




ユーラシア大陸を横断し、ウラジオストックから船で境港に渡ってきたという
2人のチェコの青年が、ポンコツ車をポンポンいわせながらやってきた。

koshiyuu1-2.jpg



たどたどしい英語で、お互い一方通行(汗) の会話をしたのち、
山道を水尾方面へ去って行った。

ん~  あの車で、どこまで行けたやろか (^_^;)

僕には、南極探検のアムンゼン隊 スコット隊 のように見えたのだが。

koshiyuu2-2.jpg
saga shikimihara, kyoto

Comment

ta-raちゃんさん おはようございます。
夕陽綺麗ですよ~
少し秋を感じるようになりましたんね。
  • 2015/08/21 08:44
  • 紅葉
  • URL
  • Edit
余り荷物が?
 チェコの「猿岩石」たち、ほとんど荷物なしのようですね、常時旅館泊でしょうかね?私なら野宿自炊垢だらけを実施するんですが?
  • 2015/08/21 11:24
  • さぶちゃん大魔王
  • URL
出会ったシチュレーションが面白いじゃないですか
紅葉さん
コメントありかとうございます^^

少し雲が出ていた方が、もっとドラマチックな感じになったのですが。
他に撮りに来ていた人たちも、「今日はあかんな~」と。

でも、山から降りてくる風にあたりながら眺める夕日は、
ほっこりしました(^^)
  • 2015/08/22 12:52
  • ta-raちゃん
  • URL
さぶちゃん大魔王さん
コメントありがとうございます^^

あ、写っている軽トラは、地元の農家の人です。
彼らがやってきたのは、かなり暗くなってからなので、
ポンコツ車、撮れませんでした~。
アチャラ製の古~い小型車のようでしたが。
日本とチェコの国旗が立ててありましたよ(^^)

これから先は、さらに険しい山道なので、
さてさて、どうなりましたやら (^_^;)
  • 2015/08/22 12:59
  • ta-raちゃん
  • URL
トロきなさん
コメントありがとうございます^^

はい。こんな山の中で出会うとは…。
ここから山道を抜けると「水尾」という隠れ里。
さらに保津峡を通って、嵯峨野、化野念仏寺方面へつながっていますが、
すごい道ですよ(~o~)

調べて来たのなら、かなりのマニアックですね。
ともあれ、彼らの旅の1ページに出演した気分です(^o^)

  • 2015/08/22 13:05
  • ta-raちゃん
  • URL
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)