FC2ブログ

シーグラス

  • Day:2020.08.31 00:03
  • Cat:自然
余呉湖からの帰り道。
湿気を含んだ大気であいにく霞んでいましたが、

久しぶりに見る水の拡がり。

biwamakino1.jpg









biwamakino2.jpg






ちいさな浜で、シーグラス(琵琶湖の場合はレイクグラス?)を3枚ほど拾いました^^

biwamakino3.jpg
oumi-imazu, shiga

夕空劇場

  • Day:2020.08.29 09:57
  • Cat:自然
「入道ブラザーズ」







「フェニックス」

kumokumo3.jpg






「夏空のフィナーレ」

kumokumo4.jpg






う~ん…
「迫りくる紫」(笑)

晩夏の夕空はドラマチック。

kumokumo5.jpg

緑の主張

  • Day:2020.08.27 23:23
  • Cat:自然
猛暑の日差しが少し傾いてきたころ、久しぶりにダム湖の上流まで。








近づいてきた秋に急かされたように、緑が慌てて存在を主張していました。

sekidamatari4.jpg








sekidamatari2.jpg








sekidamatari1.jpg
nantan hiyoshi, kyoto

空たけは秋

  • Day:2020.08.25 06:25
  • Cat:自然
空だけ見ていると秋ですが、







盆地はまだまだ35℃超え(汗)

sabkumo4.jpg








sabkumo3.jpg






稲は、スクスクと。

sabkumo2.jpg
nantan yagi, kyoto

一日の終わりに

  • Day:2020.08.23 21:57
  • Cat:自然
暑かった一日。
湿気を多く含んだ大気で、夕陽がぼや~んと。










momitouyuu3.jpg









momitouyuu1.jpg
nanata yagi, kyoto

琵琶湖の奥

  • Day:2020.08.22 22:27
  • Cat:自然
余呉湖からの帰り道。
やっぱり琵琶湖も撮らなければね^^








大津や草津から湖北方面を見ることが多いので、
琵琶湖の最北端から湖南方面への広がりを眺めるのは、とても新鮮。


shiozu2.jpg





さすが日本一の水たまり。
その広さを感じます。.

shiozu4.jpg






このあたりが最北端、塩津浜付近。
文字通り奥琵琶湖。
なんだか、琵琶湖とは別の湖のように感じました。

shiozu5.jpg
shiozu nagahama, shiga

ぐるっと

  • Day:2020.08.21 06:29
  • Cat:自然
小さな湖なので、
車であっという間にひと回り。








写真撮ってると、サイクリングの金髪の2人連れに会い、
「コンニチハー!!」と元気に挨拶してくれました。

yogo-21.jpg






海外旅行で余呉湖に来るって、なかなか渋いですね^^

yogo-20.jpg








yogo-24.jpg






次は冬景色が見てみたい湖でした。

yogo-23.jpg
yogo nagahama, shiga

余呉の天女

  • Day:2020.08.19 06:30
  • Cat:自然
この日の目的地の余呉湖。
下調べも何もせず、地図を頼りに何とか到着。
基本的にナビは使わず、地図派です(笑)。










yogo-7.jpg





悪性腫瘍のため、昭和50年に35歳で亡くなった、日本画家の三橋節子さん。
今年の春先に大津の美術館で、その作品を初めて鑑賞していました。
右腕を切断しても、絵筆を左手に持ち替えて、
限られた時間の中で、琵琶湖周辺の伝説をテーマに、
死を予感したような哀しい色、でも温かみのある作品を遺しておられます。
こちらが最後の作品となった「余呉の天女」。

亡くなる少し前に、幼い子供たちとともに家族で旅行したのが、
この余呉湖だったそうです。

yogo-18.jpg
梅原猛 『湖の伝説』 の口絵より


梅原猛先生の『湖の伝説』という本を、学生時代に古本屋で買い、
この画家さんのことを知りました。
以来、「余呉湖」という名前の響きが、ずっと心に引っかかっていました。

それからウン十年。
実際に来てみると、どうということもない、ごく普通の小さな湖(笑)
湖畔のたたずまいも、年月を経てずいぶん変わているのかな。
でも、静かな湖面を眺めながら、画家さんはこの場にたたずんで
(体を起こしているのもしんどかったのかもしれないけど、)
どんな気持ちで最後の作品のイメージを構想していたんだろうな、
などと考えていました。

yogo-19.jpg
lake yogo, shiga

念願の

  • Day:2020.08.18 00:28
  • Cat:自然
帰省できないお盆を活用して、ずっと来てみたいと思っていた場所へ。






湖西道路の渋滞を避けて小浜回りで。
結構遠かったです。

yogo-15.jpg







田んぼの向こうにちらりと見えるのが、目的地の余呉湖。
後ろの山は、賤ケ岳古戦場。

地味だけど、ワクワク。

yogo-14.jpg
lake yogo, shiga

ゆるゆるⅡ

  • Day:2020.08.16 06:29
  • Cat:場所
故郷への帰省もできそうにないし、
危険な暑さなので、人ごみを避けて近場でゆるゆると^^








たまにはそういうのもいいかな。

shizusyo2.jpg







ただ、時間が早すぎてカフェとかまだ開いてなかったです('◇')ゞ

shizusyo7.jpg








shizusyo5.jpg
kyotanba shizumi, kyoto

ゆるゆる

  • Day:2020.08.14 16:03
  • Cat:場所
たまにフィルムカメラ用の単焦点レンズを着けると、
いつもの癖でオートフォーカスと思ってシャッターを押してしまいます(^^ゞ








で、こんなのが撮れちゃいますが、
それもまた楽し。

shizusyo10.jpg








shizusyo11.jpg








shizusyo3.jpg
kyotamba shizumi, kyoto

閉店前

  • Day:2020.08.13 00:37
  • Cat:自然
30分で到着…
と甘く見ていたら、北へ向かう帰省ラッシュに巻き込まれ、






着いた時には、太陽はほぼ真上。

suiren-7.jpg





どの子も、ぼちぼち店じまいの準備を始めていました。

suiren-8.jpg








suiren-4.jpg








suiren-9.jpg
kyotanba sone, kyoto

目から涼を

  • Day:2020.08.11 00:03
  • Cat:自然
目からだけでも涼しさを… 







と思いつつ、撮ってるだけでクラクラしてきました(@_@)

suiren-3.jpg






あら、いらっしゃった。
撮ってるときは気づかなかった。
だいぶ視力が落ちてるな~。

suiren-1.jpg
kyotanba sone, kyoto

見守る

  • Day:2020.08.10 00:02
  • Cat:自然
こちらの神さまは、稲の成長を見守っていらっしゃいます^^







稲の緑も、美しい。

chiyojin4.jpg







今年は稲を食べてしまうジャンボタニシが多いと、農家の方から聞きました。
影響なければよいのですが。

chiyojin3.jpg
kameoka, kyoto

清々しく

  • Day:2020.08.08 22:24
  • Cat:自然
標高600mの山里のちいさな神社。







何だか清々しい空気に満ちていました。

tanimano9.jpg









tanimano12.jpg







足元には、ひっそりと。

tanimano11.jpg
saga shikimihara, kyoto

女郎花の里

  • Day:2020.08.06 23:27
  • Cat:自然
近年あまり咲いてないしなー 
って、期待せずに車で急な坂道を登っていくと、







栽培面積はずいぶん少なくなってきましたが、咲いてました (^^♪

ominan1.jpg







ominan4.jpg







ominan11.jpg
saga koshihata, kyoto


地味に暮れて

  • Day:2020.08.04 00:02
  • Cat:自然
ちょっと地味に暮れてしまった、夕暮れ時のダム。








山間の日暮れは早いです。

jimidam2.jpg






またの機会に^^

jimidam1.jpg
nantan hiyoshi, kyoto

白い道

  • Day:2020.08.03 23:17
  • Cat:自然
梅雨明けに見つけた「白い道」。






むかし、三國連太郎主演のそんな映画があったような。

sirihana2.jpg






親鸞。
偉そうな教祖さんじゃなくて、一生悩みの中で生きた人… というイメージかな。

sirihana1.jpg








sirihana4.jpg
kameoka, kyoto

梅雨明け前に

  • Day:2020.08.01 23:26
  • Cat:自然
梅雨はもう明けたみたいだけど、
その前に撮った風景。










shitsudo8.jpg




梅雨らしい湿気を含んだ空気が立ち込めていました。

蒸し暑い… なんて言ってたけれど、
明けてしまえば、それはそれで懐かしい(^^ゞ

四季があるのは、素晴らしいですね。

shitsudo7.jpg









shitsudo10.jpg
nantan yagi, kyoto