FC2ブログ

彼岸花の咲く風景Ⅰ

  • Day:2019.09.28 16:10
  • Cat:自然
先週はこのようにまだ咲き始めだったのですが、
今日のぞいてみたら、かなり色あせてしまっていて、
フレッシュな花は1~2割程度。





平日のうちに見ごろを過ぎちゃったみたいです。
タイミングの難しさは、桜とよい勝負。

sogabehigan9.jpg






sogabehigan2.jpg






sogabehigan5.jpg
kameoka, kyoto

新大橋

  • Day:2019.09.26 00:27
  • Cat:場所
同窓会の開宴まで少し時間があったので、すぐそばの新大橋あたりをぶらぶら。
向こうに見えるのが松江大橋。その向こうが宍道湖大橋、
そして宍道湖の夕景が夜へと移っていく時間。





微かな潮の香りを深呼吸。

R0050623-3.jpg





R0050618-3.jpg




何かイベントをやっているらしく、近くの公園ではロック歌手が
叫んでいましたが、風景だけを見たら静か… でしょ。

R0050632-3.jpg
matsue, shimane

誤差の範囲内

  • Day:2019.09.23 19:46
  • Cat:自然
この秋は彼岸花の姿を見ないなあと思っていました。
猛暑の影響で、体内時計が狂ったのかな… などと。

強風が去った後、いつも咲く場所をのぞいてみました。
おった、おった~ (笑)








DSC_0003_00002_convert_20190923193547.jpg






DSC_0031_00004_convert_20190923193627.jpg




風で傾いて、少しかわいそうな感じでしたが、
体内時計はまあ誤差の範囲内でしょうか。

DSC_0023_00003_convert_20190923193708.jpg
kameoka, kyoto

中海とその周辺Ⅱ

  • Day:2019.09.22 11:02
  • Cat:自然
国道9号線をはずれて、中海干拓地の農道を走る。





コメの増産のために進められていた中海の淡水化と干拓。
減反の時代になったことと環境面の理由から中止に。
いまは、野菜畑として活用されているようです。

DSC_0083_00008_convert_20190922104717.jpg




干拓事業が進められていたら、中海も宍道湖も淡水湖になり、
汽水域の生態系がゴロッと変わっていたでしょうね。

DSC_0082_00011_convert_20190922104754.jpg




個人的には、長い目で見たら中止になってよかったと思っています。
むかし母親が干拓事務所でパートで働いていたのですけどね。

DSC_0105_00001_convert_20190922104906.jpg
higashiizumo, shimane

宍道湖 おっさん独り

  • Day:2019.09.21 06:27
  • Cat:自然
GRのクロスプロセスモードで宍道湖大橋。





夕陽スポットはたくさんの人が湖岸に並んでいたけれど、

R0050556_convert_20190921002130.jpg




ここでは独り、しんみりと味わう夕陽^^

R0050575_convert_20190921002232.jpg






R0050567_convert_20190921002625.jpg
matsue, shimane

中海とその周辺Ⅰ

  • Day:2019.09.20 06:24
  • Cat:自然
穏やかな風景の宍道湖と比べて、時には荒々しく時には優しく、
さまざまな表情を持つ中海周辺の風景を紹介します。







DSC_0130_00004_convert_20190920002052.jpg





DSC_0123_00001_convert_20190920002129.jpg






DSC_0128_00003_convert_20190920002309.jpg
yasugi, shimane

「すてないで」

  • Day:2019.09.18 06:15
  • Cat:自然
京都丹波と





島根の2つの「すてないで」。
あなたはどっち派?

R0050727_convert_20190918001350.jpg

ほんのり

  • Day:2019.09.17 06:36
  • Cat:自然
ウン十年ぶりの、中学校のちいさな同窓会で、2ケ月連続の松江^^





開宴まで少し時間があったので、宍道湖大橋の夕陽。

R0050537-2_convert_20190916222203.jpg




こちらは、ほんのり西日に染まった.松江大橋。
先月は撮れなかったので、満足。

R0050587-2_convert_20190916222114.jpg
matsue, shimane

稲穂が輝く風景Ⅲ

毎年見てそうな、こんなありふれた風景も一期一会。






今頃は、もう刈取りがすんでいるんやろな。

DSC_0229_00018_convert_20190914214808.jpg





DSC_0251_00004_convert_20190914214910.jpg




そして山間の田圃は、周囲が暗いぶんだけ、発光しているように見えます。

DSC_0288_00023_convert_20190914215106.jpg






DSC_0302_00005_convert_20190914215204.jpg
keihoku, kyoto

初秋30℃

  • Day:2019.09.13 00:28
  • Cat:自然
30℃程度なら、涼しいやん… と思えてしまう今年の初秋。






百日紅の花も、まだまだ頑張っています。

DSC_0072_00007_convert_20190913001553.jpg




山ぎわに建つ民家に西日が当たり、百日紅がキラキラ。

DSC_0085_00009_convert_20190913001438.jpg




房総にお住まいのブロガーさんの更新がなく、
たいへんな状況なのではと心配です。
一日も早いライフラインの復旧を祈ります。

DSC_0087_00010_convert_20190913001330.jpg
nantan hiyoshi, kyoto

稲穂が輝く風景Ⅱ

  • Day:2019.09.11 06:30
  • Cat:自然
他の人が見たら何でもない風景なのかもしれないな~  と思いつつ





この季節だけの極上の風景に思えるのです。

DSC_0139_00001_convert_20190910235549.jpg






DSC_0148_00016_convert_20190910235708.jpg






DSC_0191_00013_convert_20190911001106.jpg




「稲穂萌え」 というのはあるんやろか (^_^;)

DSC_0125_00013_convert_20190910235955.jpg
nantan miyama, kyoto

稲穂が輝く風景

  • Day:2019.09.09 06:33
  • Cat:自然
しばらくは、こんな風景が続くと思います (^^ゞ







DSC_0194_00011_convert_20190908222512.jpg






DSC_0207_00003_convert_20190908222921.jpg






DSC_0198_00013_convert_20190908223125.jpg
nantan miyama, kyoto

実る

  • Day:2019.09.07 22:22
  • Cat:自然
台風にもマケズ 猛暑にもマケズ





毎年繰り返される風景に感謝。

DSC_0001_00001_convert_20190907221213.jpg





DSC_0032_00007_convert_20190907221421.jpg




むっちゃ暑くて、家で休息… と思っていたけれど、
黄金色の誘惑に負ける。

DSC_0038_00008_convert_20190907221515.jpg
kameoka, kyoto

古民家カフェにて







R0050059-2_convert_20190904000126.jpg





R0050063_convert_20190904000254.jpg






R0050060_convert_20190904000214.jpg
@ KIRI CAFE, kameoka, kyoto

雲いづる國

  • Day:2019.09.01 22:32
  • Cat:自然
故郷の湖。
住んでいる京都丹波地方でもよく雲を撮るけれど、





やはり、こちらが元祖… かな。

DSC_0211_00012_convert_20190901221709.jpg






DSC_0121_00006_convert_20190901221607.jpg




石見(いわみ)の名山、三瓶山(さんぺさん)が、ちょこんと顔を出しています。

DSC_0115_00005_convert_20190901221520.jpg
lake shinji, matsue, shimane