FC2ブログ

寒波

  • Day:2018.12.30 22:49
  • Cat:自然
今年いちばんの寒波が、少しだけ雪を降らせました。
寒い年末年始になりそうです。








R0026162B-2.jpg





このあたりは、太平洋側と日本海側の気候のちょうど境目。

R0026160B-2.jpg






R0026170-2.jpg




めまぐるしく天気が変わりながら、今年もあと1日です。

R0026172-2.jpg
kameoka, kyoto


目移り

  • Day:2018.12.29 00:40
  • Cat:自然
冬枯れ直前の道端の草たちは、






とても美しいなと思いつつ、

DSC_0219_00012-2.jpg




こんな緑にも目が魅かれてしまう、この季節。

DSC_0234_00001-2.jpg




今年のお仕事も、あと1日となりました。

深夜の冷えきった窓ガラスからのぞく外は、
だんだん白くなってきているみたいです。
スタッドレスタイヤだけで大丈夫やろか?

DSC_0231_00002-2.jpg
kameoka, kyoto

あっちゅう間

  • Day:2018.12.27 06:53
  • Cat:自然
紅葉から冬至を過ぎるまで、あっちゅう間でした。






おぢさん老い易く、学成り難し (^^ゞ

DSC_0457_00010-2.jpg





誰か、地球の自転・公転を加速させていませんか?

DSC_0454_00011-2.jpg





DSC_0466_00005-2.jpg
kameoka, kyoto

椿咲く丘

  • Day:2018.12.25 00:05
  • Cat:自然
スーパーに買い物に行ったら、レジのおねいさんたちはサンタさんの服装で、
でも、店内にはお正月用品がドドーンと。







怒涛のように攻めてくる年末です (^^ゞ

R0025997-2.jpg






R0025995-2.jpg




こんな暖かいお正月ならよいのですが。
無理かなぁ。

R0025986-2.jpg
kameoka, kyoto

寺町通

  • Day:2018.12.24 09:59
  • Cat:場所
師走の京都・寺町通。







DSC_0011_00006-2_20181224095340f82.jpg





DSC_0007_00004-2_201812240953384a5.jpg






DSC_0012_00007-2.jpg



あふれかえっていた観光客も減り、正月までの短い間ですが、
落ち着いた時間を取り戻しているみたいでした。

DSC_0014_00008-2.jpg
teramachi-nijyou, kyoto

小屋

  • Day:2018.12.23 13:26
  • Cat:場所
地下鉄二条城駅近くの…








DSC_0032_00005-2.jpg






DSC_0029_00004-2_2018122313170657a.jpg




店内は立ち飲みスタイル。
目の前でドリップしてくれるコーヒーは、絶品でした。
さりげに流れているJAZZも、なかなかよい感じ^^

DSC_0031_00003-2_20181223131705027.jpg
nakagyou-ku, kyoto

柑橘系

  • Day:2018.12.22 06:55
  • Cat:自然
冷え込みの厳しくなってきた盆地ですが、






この地ではあまり見かけない柑橘系が、

DSC_0359_00011-2.jpg




少しだけ気持ちを暖かくしてくれます。

DSC_0324_00007-2.jpg






DSC_0369_00012-2.jpg
kameoka, kyoto

儀式

  • Day:2018.12.20 06:49
  • Cat:自然
お世話になっている自動車工場近くの神社。






この季節、タイヤ交換・オイル交換ついでに立ち寄ります。

DSC_0002_00013-2.jpg






DSC_0037_00003-2_20181220004932562.jpg




ここ数年、この神社にお参りするのが、冬を迎える儀式のようになっています。

DSC_0041_00009-2.jpg
nantan sonobe, kyoto

哀愁

  • Day:2018.12.19 06:55
  • Cat:自然
落葉の神社の






哀愁漂う背中…

DSC_0052_00010-2.jpg




あ~

DSC_0054_00002-2.jpg




う~ん

DSC_0059_00001-2_20181219012551d67.jpg
nantan sonobe, kyoto

山里にて

  • Day:2018.12.17 06:45
  • Cat:自然
丁寧に保存されている茅葺き民家も多いけれど、





すこし観光エリアから外れると、

DSC_0378_00001-2.jpg




少しずつ自然の一部に帰っていくのもまた、ひとつのカタチ。

DSC_0392_00003-2_20181217000233e71.jpg





DSC_0390_00002-2.jpg
nantan miyama, kyoto

初冬

  • Day:2018.12.16 06:51
  • Cat:自然
どうということもないんだけど、大好きな初冬の里山の風景。
冬を迎えるのも、悪くはないな。









DSC_0198_00018-2.jpg






DSC_0247_00023-2.jpg





ちいさな紅葉に、心和むひととき。

DSC_0197_00017-2.jpg


遠くから、草刈りをするエンジン音が聞こえてきた。

みんなが町で暮らしたり 一日あそんでゐるときに、
おまへはひとりであの石原の草を刈る
そのさびしさでおまへは音をつくるのだ

『春と修羅』 第二集 より


DSC_0190_00015-2_20181216005041fd7.jpg
kameoka, kyoto

足元のリース

  • Day:2018.12.15 06:50
  • Cat:自然
初冬の里山。







足元に目を移すと、

DSC_0264_00025-2.jpg






DSC_0262_00024-2.jpg




ひと足早く、メリー・クリスマス。

DSC_0250_00030-2.jpg






DSC_0254_00029-2.jpg
kameoka, kyoto

河川敷

  • Day:2018.12.14 06:40
  • Cat:自然
河川敷の片隅で、たった一本の銀杏の木が、
そこだけの小さな世界をつくっていた。








DSC_0174_00005-2.jpg





DSC_0176_00006-2.jpg






DSC_0191_00009-2.jpg
kameoka, kyoto

トンネルの向こう側

  • Day:2018.12.12 06:45
  • Cat:自然
一年の間でも、いちばん日暮れの早い季節。







暮れていく空の展開も早いです。

DSC_0525_00029-2.jpg




欠礼の葉書が二通届く。
お世話になった方々の旅立ちを思いながら眺める夕日。

DSC_0512_00025-2.jpg






DSC_0543_00028-2_20181212005751ae6.jpg
kameoka, kyoto

晩秋の色彩

  • Day:2018.12.10 06:30
  • Cat:自然
小雨に煙る。






草たちは、冬を迎える前の最後の輝きを見せていた。

DSC_0330_00010-2.jpg



意外と色彩豊かな晩秋の山里。

DSC_0345_00014-2.jpg





DSC_0350_00016-2.jpg
nantan miyama, kyoto

ちいさな美術館の風景

  • Day:2018.12.09 07:40
  • Cat:場所
初冬の斜めの光が差し込んで。








DSC_0273_00017-2.jpg






DSC_0240_00015-2.jpg




光と影も、アートですね ^^


DSC_0242_00016-2.jpg
mizunoki museum, kameoka, kyoto

夕陽と人工物

  • Day:2018.12.08 00:45
  • Cat:自然
田んぼや畑にあるビニール系のものは、
できるだけ写らないように… と気をつけることが多いのですが、






たまには、こんな効果もあるんやなー と。
夕陽は、人工物も風景に取り込んでいくんですね。

DSC_0549_00020-2.jpg
kameoka, kyoto

ささやかだけど

  • Day:2018.12.07 00:15
  • Cat:自然
今年も紅葉の有名なスポットへは行けなかったなあ、なんて考えていたら、
工業団地の片隅の小さな公園の紅葉が目に止まる。





曇ってるし、いまいちやなぁ と思いながら寂しく撮っていると、

DSC_0026_00007-2.jpg



雲間から一瞬だけお日様が顔を出した。

DSC_0058_00002-2.jpg





ささやかだけど、魔法のような瞬間。

DSC_0068_00004-2.jpg




お日様は、またすぐにお隠れになられました。

DSC_0064_00005-2_201812070007118a5.jpg
kameoka, kyoto

コロコロ

  • Day:2018.12.05 00:15
  • Cat:自然
ある日の夕方






このコロコロは、この盆地では初めて見かけたような気がした。

DSC_0759_00007-2.jpg




でも2週間後に通りかかったときには、跡形もなく、
きれいに田んぼに鋤き込まれていた。

DSC_0756_00004-2.jpg
kameoka, kyoto

難点

  • Day:2018.12.04 06:49
  • Cat:自然
南天を何点か…  (^_^;)






南天の赤い実、大好きなんだけど、

DSC_0115_00009-2.jpg




年末が近いな~ と、焦ってしまうのが難点です…  (^_^;)

DSC_0099_00004-2.jpg




ナンテね~ (~_~)

DSC_0105_00007-2_20181204004840ddc.jpg




もう、いい加減にしなさい。  

DSC_0103_00006-2.jpg
nanten … no no no ! nantan sonobe, kyoto 

晩秋の緑

  • Day:2018.12.03 00:00
  • Cat:自然
冬を迎えようとしている山里。








DSC_0042_00006-2.jpg



色づく木々をしり目に、耕された畑に芽吹いた緑が、
やけに目に染みた。

DSC_0029_00002-2_20181202205955c20.jpg




寒くなっても、新しい緑はまだ生まれてくるんやね。

DSC_0030_00001-2_20181202205955a95.jpg
nantan miyama, kyoto

スカウト

  • Day:2018.12.02 00:00
  • Cat:自然
こんなことしてたら、神戸ナンバーのバイクの兄ちゃんがやって来た。






こんな、人もあまり来ないようなところに…。
地味な紅葉だけれど、似たようなテイストの人間が引き寄せられるのか。

DSC_0188_00011-2.jpg



話してみると、なかなかの好青年。
人手不足の勤務先にスカウトしようかという欲求に駆られたが、
思い留まった。
すこしだけ言葉を交わして、「気をつけてな~」と。
ひと足先にさようなら。

DSC_0200_00012-2.jpg




同年代だったら、友達になれたかも (^^ゞ

DSC_0181_00013-2_20181201222817793.jpg
fukuzumi sasayama, hyogo

ふかふか

  • Day:2018.12.01 00:11
  • Cat:自然
残念ながら、もうかなりの葉っぱが散っていたけれど、






落ちた葉っぱは、河原の黄色い絨毯になっていた。

DSC_0030_00001-2_20181201000237b2a.jpg





DSC_0059_00009-2.jpg



ふかふかの絨毯にぽかぽか陽気。

DSC_0027_00005-2_20181201000239986.jpg
nantan sonobe, kyoto