FC2ブログ

くっきり

  • Day:2018.08.30 06:45
  • Cat:自然
松江からの帰り道。





夏場には珍しく、大山がくっきりと望めた。
見送ってくれてありがとう^^

DSC_0490_00017-2.jpg





DSC_0501_00019-2.jpg



最新の火山活動は17,000年前と言われていますが、
山頂付近にかかる雲が、ちょうど噴煙のように見えました。

DSC_0502_00018-2.jpg
yonago, tottori

眼下

  • Day:2018.08.29 12:25
  • Cat:自然
日本海を眼下に暮らす人たちは、






きっと、海は庭の一部だと思っているやろな。

DSC_0232_00010-2.jpg





DSC_0217_00008-2.jpg





DSC_0235_00009-2.jpg
onoze, matsue, shimane

終着駅

  • Day:2018.08.26 21:59
  • Cat:場所
京都方面からの普通電車の終着駅。

DSC_0002_00007-2_20180826215003424.jpg





DSC_0032_00001-2.jpg



この駅から先の山陰線は単線になります。
入ってきた2両編成は、折り返し福知山行きかな。

DSC_0027_00005-2.jpg



ジリジリと焼きつくような西日を浴びながら、久々の鉄ちゃんでした。

DSC_0029_00002-2.jpg
nantan sonobe, kyoto


憧れ

  • Day:2018.08.25 06:50
  • Cat:自然
暑さを避けて、日暮れ直前にお盆の墓参り。
帰りに宍道湖畔に出たけれど、有名な夕陽スポットは
車と人であふれかえっていました。

西に海や湖のある街は幸せだね^^





あきらめて、宍道湖大橋を渡って湖北線を少し走る。
日暮れのスピードがだいぶ速くなってきたので、撮れたのは夕陽の余韻だけ。

DSC_0454_00005-2.jpg





DSC_0464_00006-2.jpg



とても暑かった一日の終わりに少しだけ立ち会う。

特に大きな望みはありませんが(笑)、
毎日夕陽を眺めることのできる生活には憧れます。

DSC_0462_00007-2.jpg
matsue, shimane

ぼーっと

  • Day:2018.08.24 00:00
  • Cat:自然
自分の船を持っていたら、絶対沖に漕ぎ出したいところ。







DSC_0269_00006-2.jpg





DSC_0335_00003-2.jpg



日暮れまでずっと海を眺めてぼーっとしていたい誘惑に駆られました。

DSC_0277_00010-2.jpg



京都丹波地方も風雨が激しくなってきました。
7月の豪雨のときみたいに、勤務先から呼び出しが無いことを祈って、
おやすみなさーい。

DSC_0270_00005-2_20180823232600a60.jpg
onoze, matsue, shimane

負けてない

  • Day:2018.08.23 06:42
  • Cat:自然
ひな壇に寄り添うような集落を抜けて急坂を降りたら、透き通った海。





沖縄の海にも負けてないね^^

DSC_0254_00009-2.jpg





DSC_0268_00013-2.jpg



行ったことないけど (^^ゞ

DSC_0259_00007-2.jpg
onoze, matsue, shimane

抜け道のつもり

  • Day:2018.08.22 00:36
  • Cat:自然
島根に帰省する途中、丹波篠山の帰省渋滞を避けて別ルートの抜け道を。





でも、こんな何でもない風景が目にとまるたびに停車するので、
何してるかわからんわ~ (^^ゞ

DSC_0005_00001-2.jpg





DSC_0019_00005-2.jpg



今回は一人だったからよかったけれど、
家族が一緒なら大ブーイングでした。

DSC_0016_00004-2.jpg
sasayama, hyogo

しまねっこ号

  • Day:2018.08.19 00:12
  • Cat:
バタデン(一畑電鉄)が突然来たので、慌てて変な撮り方に (~_~)







DSC_0147_00014-2.jpg



拡大してみたら、「ご縁電車 しまねっこ号Ⅱ」と書いてありました。
これって、出会えたのラッキ~ ?

以前は東急電鉄で活躍していた車両のようです。

DSC_0149_00001-2.jpg
matsue, shimane

雲出づる國Ⅱ

  • Day:2018.08.18 00:18
  • Cat:自然
まるで雲の標本のような空。

DSC_0132_00016-2.jpg











DSC_0386_00005-2.jpg



思い出すのは、小学校の夏休みが終る頃。

宿題の自由研究が全くできていなかった僕は、
親父のオリンパス・ペンを借りて自転車で出かけ、
半ば泣きながらやたら雲の写真を撮りまくった。
そして、「雲の研究」と題してそれをノートに張り付けただけで提出し、
ひどく叱られたっけ。

思えば、それがカメラとの出会いだったかも。

そして、その次の夏休みも「鉄道の研究」と題して、
同じことをやっちまったんだな。
そのときの先生は優しくって、
「もう少し掘り下げた方がよかったね」。

DSC_0145_00003-2_201808180001584dd.jpg



そして、これは彩雲?
微妙ですが。

DSC_0141_00007-2_20180818000156b97.jpg
matsue, shimane




雲出づる國

  • Day:2018.08.16 00:00
  • Cat:自然
京都よりは少しはましやろうと思っていたけれど、
松江も半端なく暑かった (^_^;)





宍道湖には、いろんな雲が湧いていました。

DSC_0100_00001-2_2018081522551555e.jpg



「雲出づる國」は裏切らない。

DSC_0106_00004-2.jpg





DSC_0114_00005-2.jpg
matsue, shimane

出てきそう

  • Day:2018.08.15 07:00
  • Cat:自然
ちいさな神社の境内に





赤い花。

えっ、もう彼岸花? 
ちょっと違うな。

DSC_0142_00015-2.jpg



帰ってから調べたら、同じひがんばな科の「キツネノカミソリ」のようです。
漢字は、「狐の髪剃」と書くとのこと。(「京都の野草図鑑」 京都新聞社より)

DSC_0149_00017-2.jpg



う~ん、妖怪チックなネーミング。
ゲゲゲの鬼太郎に出てきそう (゜o゜)

DSC_0151_00018-2.jpg
sasayama, hyogo

何ということもない風景Ⅱ

  • Day:2018.08.12 00:30
  • Cat:自然
相変わらずの暑さのままで、お盆になっちゃいそうですね。





ちょこっと、お盆休みをいただきます。

DSC_0003_00023-2.jpg





DSC_0031_00003-2.jpg





DSC_0044_00008-2.jpg
nantan sonobe, kyoto



真っ直ぐ

  • Day:2018.08.11 00:24
  • Cat:自然
農道のストレート・ラインが心地よい昼下がり。







DSC_0077_00008-2.jpg



そして、2つのちいさな富士山。
右が篠山富士。正面に剛山。

DSC_0073_00007-2.jpg



北側に目を移すと、多紀アルプスの山々。

山の日なので ^^

DSC_0072_00006-2.jpg
sasayama, hyogo

道の駅の宇宙

  • Day:2018.08.09 06:50
  • Cat:場所
目に涼しく。







DSC_0195_00014-2_2018080901232256b.jpg





DSC_0190_00015-2.jpg



道の駅のワンシーンです。

DSC_0227_00017-2.jpg
kameoka, kyoto

何ということもない風景

  • Day:2018.08.07 00:08
  • Cat:自然
京都・丹波地方の、何ということもない真夏の風景です。






DSC_0018_00002-2.jpg




DSC_0045_00007-2_20180807000521e71.jpg




DSC_0021_00022-2.jpg




DSC_0043_00006-2.jpg




DSC_0040_00004-2.jpg
nantan sonobe~kyotanba, kyoto

クリア

  • Day:2018.08.05 21:59
  • Cat:自然
明け方に台風が走り去った日。






DSC_0098_00017-2.jpg



酷暑で.淀んでいた空気を、少しだけクリアにしてくれたような気がしました。

DSC_0082_00012-2.jpg





DSC_0084_00014-2.jpg
kameoka~nantan yagi, kyoto

海津

  • Day:2018.08.04 16:35
  • Cat:場所
近江と若狭の分岐点、海津。
湖北方面を訪れると、かならず立ち止まってみたくなる場所です。








DSC_0308_00006-2.jpg





DSC_0289_00003-2_20180804163155bcb.jpg




こう暑いと、水もの頼りになってしまいがちです (^^ゞ

DSC_0259_00001-2.jpg
kaizu, shiga

盛夏

  • Day:2018.08.01 06:50
  • Cat:自然
どんなに暑くても、自然には勢いがある。






DSC_0028_00005-2_20180801002947697.jpg





DSC_0046_00007-2.jpg



こちらは、だんだん勢いをなくしつつあります (^^ゞ
ふう。

DSC_0030_00004-2_20180801002949c9e.jpg
nantan miyama, kyoto