FC2ブログ

OBAMA

  • Day:2018.07.29 22:51
  • Cat:場所
前の大統領のとき、ちょっとしたブームになった海辺の街。







DSC_0481_00016-2.jpg



「ぽぽんた」ってファンキーやな… と思っていたら、
「たんぽぽ」ね。

DSC_0436_00011-2.jpg



地図も持たずに、もちろんナビなんてついてない。
川沿いに海に向かったら、ぼちぼちお日様が傾くころでした。

DSC_0489_00017-2.jpg
obama, fukui

ジリジリ

  • Day:2018.07.28 00:46
  • Cat:自然
焼きつくような日差しの真昼。







DSC_0054_00004-2.jpg



影も短くて濃い。

DSC_0059_00005-2_20180728004034dde.jpg



今年はでっかい入道雲、まだ見ていないような気がします。

DSC_0062_00006-2.jpg
nantan yagi, kyoto

竹生島の見える風景

  • Day:2018.07.26 06:50
  • Cat:自然
大気が不安定でやや霞んでいる分、





近寄りがたい神聖な場所のように見えました。

DSC_0271_00006-2.jpg





DSC_0340_00037-2.jpg





DSC_0325_00007-2.jpg
kaizu~imazu, takashima, shiga

水と水とが出会うところ

  • Day:2018.07.24 06:45
  • Cat:自然
豪雨から1週間経った頃の日曜日。
桂川はまだ泥の色をしていたけれど、





由良川はもう、澄んだ流れにもどっていました。

DSC_0060_00001-2.jpg





DSC_0076_00009-2.jpg



そして、水と水が出会う大好きな場所。


  川が大きな河に流れ込む場所や
  河が海と合流する広い河口。
  水と水とが出会うところ。
  そんな場所は僕の中でいわば
  聖域のように際立っている。

 ~ レイモンド・カーヴァー  「水と水とが出会うところ」

DSC_0069_00007-2.jpg
nantan miyama, kyoto

生水の郷 Ⅱ

  • Day:2018.07.23 00:01
  • Cat:自然
集落の中を湧水が流れてるって、とても贅沢^^






もすこし若けりゃ、躊躇なくドボン! (^^ゞ

DSC_0397_00008-2.jpg




DSC_0403_00012-2.jpg





DSC_0408_00014-2.jpg



花は咲いてなかったけれど、バイカモでしょうか。
やっぱり、きれいな水なんやね。

すっかりファンになっちゃいました。
いろんな季節に来てみたいな。

DSC_0405_00013-2.jpg
takashima, shiga

生水(しょうず)の郷

  • Day:2018.07.22 00:18
  • Cat:自然
湖岸の道路から少し内陸部へ向かうと、
湧水を家の中の家事場に引いた“川端(かばた)”で知られる
「針江」の集落が見えてきます。




勘を頼りに集落内を探していると、

DSC_0391_00003-2.jpg



ありました。ありました。

DSC_0393_00005-2.jpg



この土地では、湧水のことを“生水(しょうず)”と呼ぶそうです。

DSC_0360_00042-2.jpg



清冽な水の流れを観ていると、ひととき暑さを忘れそうでした。

水は、時として人の命を奪うこともある。
でも、こうして生活の中に生きている大切な水もある。
酸素だって、生きていくうえでは無くてはならないものだけど、
一方で、身体を酸化させて痛めつけ、老いさせていくもの。
結局、すべてのものは微妙なバランスの中で存在しているんだな。
奇蹟的な微妙なバランスに感謝。

DSC_0377_00043-2.jpg
takashima, shiga

奥へ

  • Day:2018.07.20 06:45
  • Cat:自然
奥琵琶湖の大浦港。





ここまで来ると、いつも目にする琵琶湖とは少し風景が違います。

DSC_0198_00010-2.jpg





DSC_0205_00013-2.jpg



もっと奥まで行きたかったけれど、大雨による土砂崩れのため
通行止めでした。

DSC_0228_00023-2.jpg
ooura nagahama, shiga

短い旅

  • Day:2018.07.17 23:54
  • Cat:自然
すぐ背後の山に源を発し、猫の額ほどの平野部を流れ、






DSC_0159_00015-2.jpg



そして、琵琶湖へ。

DSC_0163_00017-2.jpg



水は、短い旅を終えます。

DSC_0166_00018-2.jpg
takashima, shiga

安堵Ⅱ

  • Day:2018.07.16 11:30
  • Cat:自然
最高気温39℃の日の夕暮れ。





何とも言えない安堵感。

DSC_0570_00005-2.jpg





DSC_0552_00008-2.jpg
nantan hiyoshi, kyoto



このPV観てると、ほっこりします。
尾道もロケ地になってるようです。



満水

  • Day:2018.07.13 00:53
  • Cat:自然
緑につつまれて、山と池の境界が曖昧に。






農家にとっては、渇水に備えて水を蓄えておきたい時期。
大雨の前にもかかわらず、満水でした。

DSC_0129_00014-2.jpg



人間が水を管理するのって、本当に難しいですね。

DSC_0128_00012-2.jpg
nantan yagi, kyoto



安堵

  • Day:2018.07.11 06:42
  • Cat:自然
なんとか無事に峠道を越えることができました。





川沿いに見つけた小さな神社。
人だけが通れる橋を渡り、無事のお礼とお賽銭を少し。

DSC_0091_00004-2.jpg



鳥居横にある、神社を護っているような木にも感謝。
緊張からかすごく長い道のりに感じたけれど、
街中の渋滞に巻き込まれるよりは早く帰れそう。

DSC_0098_00006-2.jpg



やっぱり川は、優しく清らかな水が流れているのがいちばんですね。

DSC_0101_00007-2.jpg
keihoku, kyoto

心拍数

  • Day:2018.07.08 22:26
  • Cat:自然
被災地はまだ救出活動が続いていますが、
京都丹波地方は、なんとか普段の落着きを取り戻してきました。
まだまだ困難な状況の中にある方々のご無事をお祈りしています。


2週間前のこと。
息子を.京都の学校へ送った後、街中の渋滞を通り抜けるのは嫌だなあと思い、
久し振りに芹生峠越えで帰ってみようと思い立ち…。
貴船の川床などを横目に見つつ、道沿いの流れを撮りつつ、
と余裕をかましていたのですが。





これが、とんでもない悪路。
落石はごろごろしているし、亀裂ははいっているしで、
心拍数上がりまくりでした。
思えば以前通ったのは20年ぐらい前。
そのときはこんなにひどくなかったのですが。

DSC_0007_00002-2_20180708221126815.jpg





DSC_0020_00003-2_20180708221128b9f.jpg



人が住んでいる気配は無かったのですが、
芹生の集落が見えたときは、ホッとしました。

DSC_0028_00005-2_20180708221129bf7.jpg



しかし、まだまだここから悪路が待ちうけていました。

DSC_0061_00010-2.jpg
seryou, kyoto

お気をつけて

  • Day:2018.07.06 23:15
  • Cat:自然
一週間前はこんなお天気やったのに…。

こちらの雨はようやく小康状態になりましたが、
これからが要警戒の地域も多いかと思います。





どうか、身の安全第一にお過ごしください。

DSC_0013_00005-2.jpg





DSC_0024_00002-2_201807062310550be.jpg

雲の季節

  • Day:2018.07.04 00:43
  • Cat:自然
盆地で暮らしていると滅多に見ることのない、少し広がりのある空。





よい雲が湧く季節がやってきた。
いろんな雲が行きかう空を見上げるのは、夏の楽しみの一つです。

DSC_0004_00002-2_201807040025527e7.jpg





DSC_0007_00003-2_20180704002552b4c.jpg
nagaokakyo, kyoto

梅雨明け間近

  • Day:2018.07.03 00:34
  • Cat:自然
梅雨もぼちぼち明けそうやし、紫陽花ラストです。

この日、いちばん輝いて見えた子。





さて、出口に向かって最後の坂を登ります。

DSC_0259_00009-2.jpg



お父さん、お疲れさま。

DSC_0255_00008-2_20180703002925186.jpg
maizuru, kyoto

木漏れ日

  • Day:2018.07.01 00:00
  • Cat:自然
少し薄暗い森の中で、





木漏れ日を浴びている紫陽花っていいなー  と思いました。

DSC_0073_00005-2_201806302336265f9.jpg





DSC_0074_00006-2.jpg





DSC_0079_00008-2.jpg
maizuru, kyoto