SAKURA

  • Day:2018.03.31 22:45
  • Cat:自然
ちょっと早いんじゃない?







この忙しい時期に、困るやん (^^ゞ

DSC_0142_00009-2.jpg







DSC_0112_00007-2.jpg
kameoka, kyoto

主役はどっち?

  • Day:2018.03.28 01:11
  • Cat:自然
ホトケノザが、菜の花のよい引き立て役になっているな~







と思って見ていたのですが、

DSC_0092_00011-2.jpg







DSC_0071_00005-2_20180328010642b59.jpg





しまいには、どっちが主役か分からなくなってきました。

DSC_0073_00006-2.jpg
kameoka, kyoto

御池通り

  • Day:2018.03.25 19:15
  • Cat:自然
今年初めて桜の花を見たのは、京都の御池通り。









DSC_0027_00004-2_201803251908208c3.jpg







DSC_0016_00001-2.jpg





見上げていたら、雨粒がポツポツと落ちてきた。

DSC_0011_00006-2_20180325190817230.jpg
oike street, kyoto

独り占め

  • Day:2018.03.24 22:26
  • Cat:自然
確実に、春がやってきたようです。
この冬は寒かったので、「冬を越したなあ」という気持ちになります。







菜の花満開の公園を独り占め^^

DSC_0021_00006-2.jpg




こんなに頑張って咲いているのに。
この土地で暮らす人々にとって、菜の花が咲いていても
それは立ち止まって見るほどでもない、日常の風景なのかな。

DSC_0023_00008-2.jpg





帰り際、やっと親子連れの姿が見えて、菜の花になり代わって嬉しかったり (^^ゞ

DSC_0024_00007-2_20180324221738d1d.jpg
kameoka, kyoto

菜の花のある風景Ⅱ

  • Day:2018.03.21 23:03
  • Cat:自然
菜の花がぱっと咲いて、盆地のひと角を照らしています。
でも今日も一日中冷たい雨。






「菜種梅雨」とはよく言ったものです。

DSC_0333_00018-2.jpg





DSC_0154_00013-2.jpg




シンプルに、シンプルに、生きよう。
すべきことは百や千ではなく、
二つか三つでいいのだ。

ヘンリー・デイヴィッド・ソロー 「森の生活」

DSC_0261_00003-2.jpg
kameoka, kyoto


菜の花のある風景

  • Day:2018.03.20 00:00
  • Cat:自然
菜の花の黄色を見ていたら、なんだか元気が出てきますね。









DSC_0114_00014-2.jpg







DSC_0071_00011-2.jpg





救いは一歩踏み出すことだ。さてもう一歩。
そしてこの同じ一歩を繰り返すことだ。

サン = テグジュペリ 「人間の土地」

DSC_0116_00015-2.jpg
kameoka, kyoto

赤白黄色♪

  • Day:2018.03.19 00:02
  • Cat:自然








DSC_0102_00009-2.jpg





黄色い車を待っていたけど… あきらめた (^^ゞ

DSC_0023_00004-2.jpg
kameoka, kyoto

ナデナデのちウロウロ

  • Day:2018.03.18 01:29
  • Cat:場所
にゃんこをナデナデした後は、梅の香りに包まれながら境内をウロウロ。







京都市内とはいうものの、すこし交通の便が悪いからか、
そんなに大勢の人ではない。
人ごみ苦手の僕には、助かりました。

DSC_0036_00002-2_201803180114284eb.jpg





季節がら、マスクをしている人が目立ちました。
京都は北山杉の産地を控えているからか、スギ花粉が多いみたい。
お気の毒に、香りは楽しめないですね。

DSC_0035_00001-2_201803180114262d4.jpg





少しの時間でしたが、京都の春を感じることができました。

DSC_0114_00007-2.jpg
umemiya-taisya, kyoto

梅にゃん

  • Day:2018.03.15 00:21
  • Cat:場所
梅の宮で働いている








DSC_0027_00002-2.jpg




にゃんさん、にゃんさん、
入苑券をくださいな。

DSC_0127_00003-2.jpg







DSC_0129_00004-2.jpg





眠いにゃ~

DSC_0132_00002-2_2018031500164103b.jpg
umemiya-taisya, kyoto

ナイス・ファイト

  • Day:2018.03.13 00:23
  • Cat:場所
試合観戦を終え、体育館の駐車場から見た夕暮れ。








新幹線が走り去るのが見えた。
畑とビルと新幹線の同居する、不思議な風景。

この春、ちょっとした挫折を味わった息子だけど、
今日の試合を観て、少し安心した。

DSC_0022_00001-2.jpg





家並の向こうには、愛宕山が遠慮がちに小さく覗いていた。

DSC_0003_00003-2.jpg
mukoumachi, kyoto

ばうむ…

  • Day:2018.03.11 00:12
  • Cat:場所
お連れさんが「ばうむ…ばうむ!」とうるさいので







立ち寄ったのはよいのですが、この建物は人がいっぱいあふれていて別館へ。

DSC_0145_00014-2.jpg





何を買うのにもレジで並ばなくてはならなくて、

DSC_0160_00003-2.jpg





私は高見の見物です。

お連れさん、痛む足腰を耐えて根性で並ばはったのに、一切れたべただけで、
朝起きてみたら、深夜に帰宅した息子が完食… というオチが (^_^;)
「ぱうむ…」

DSC_0149_00015-2.jpg
oumihachiman, shiga

風に吹かれて

  • Day:2018.03.09 00:34
  • Cat:場所
まるで、琵琶湖を所有しているかのようなロケーションのCAFE。







店内では薪ストーブが焚かれていた。
風が冷たくなかったら、ここに座りたかったな。

DSC_0216_00002-2.jpg





よし、暖かくなったらもう一度来て、琵琶湖を渡る風を感じよう^^

DSC_0217_00003-2.jpg
oumihachiman, shiga

ちいさな美術館の風景

  • Day:2018.03.04 22:22
  • Cat:場所








DSC_0012_00003-2.jpg







DSC_0015_00005-2_20180304222052374.jpg







DSC_0024_00007-2.jpg
kameoka, kyoto

主役

  • Day:2018.03.03 01:51
  • Cat:自然
この日の主役は、









DSC_0065_00001-2_201803030148337f7.jpg





満場一致で

DSC_0077_00001-2_20180303014347b98.jpg






この子たちだったようです。

DSC_0080_00002-2_20180303014347f4e.jpg
moriyama, shiga