FC2ブログ

妄想

  • Day:2018.01.31 00:09
  • Cat:場所
農協の建物がとても気になってしまい一心不乱に…







道行く地元のおばちゃんに、「ご苦労様です」と声を掛けられて、
思わず我に返ったのでした。

DSC_0185_00002-2.jpg





こんなところでカフェとかやってたら面白そう… などと妄想。

DSC_0180_00002-2.jpg







DSC_0195_00004-2.jpg
fukusumi sasayama, hyogo

府境を越えると

  • Day:2018.01.29 06:30
  • Cat:自然
府境の峠を越えて兵庫県に入ると







バスの色も変わるけど、風景も変わった。

DSC_0111_00012-2.jpg






DSC_0134_00014-2.jpg






DSC_0118_00015-2.jpg
fukusumi sasayama, hyogo

雪のち晴れ

  • Day:2018.01.27 20:29
  • Cat:自然
丹波の冬の天気は気性が激しいようで…







5分後には

DSC_0040_00003-2.jpg







DSC_0035_00002-2_20180127202416fbe.jpg





誰かさんみたい (^^ゞ

DSC_0082_00006-2.jpg
kameoka, kyoto

水の色

  • Day:2018.01.26 00:32
  • Cat:自然
めまぐるしく変わる空模様とともに、池の水の色も忙しく変化して。







冷たい風で耳が痛くなってきたのも忘れて、水の色に魅了されていました。

DSC_0243_00005-2.jpg







DSC_0241_00002-2_20180126002644dec.jpg







DSC_0290_00024-2.jpg
kameoka, kyoto

やさしい雪

  • Day:2018.01.24 23:42
  • Cat:自然
地球温暖化?

氷河期に向かっているような最近の冷え込みです。






思えばこんな降り方は、まだまだやさしかったなあ。

DSC_0591_00012-2.jpg





積雪の地域の皆さま、どうかお気をつけて。

DSC_0580_00016-2.jpg







DSC_0552_00015-2.jpg






DSC_0547_00014-2.jpg
kyotanba wachi, kyoto



足跡の先には

  • Day:2018.01.23 00:37
  • Cat:自然


DSC_0086_00017-2.jpg










DSC_0124_00016-2.jpg






DSC_0089_00019-2.jpg
kameoka, kyoto

もっと光を

  • Day:2018.01.21 21:11
  • Cat:自然
身体は光合成したがっているけど、雲間から一瞬光がさすだけ。







貴重な光… ですね。

DSC_0018_00003-2_20180121210617d17.jpg







DSC_0040_00005-2.jpg







DSC_0028_00037-2.jpg
kameoka, kyoto

冬を越すまで

  • Day:2018.01.20 00:39
  • Cat:自然
由良川の水は、いくぶん春めいた色をしていたけれど、








冬を越すまでには、まだまだ何度か雪に覆われるんやろな。

DSC_0418_00002-2.jpg





あっという間に通り過ぎていく季節と違い、
冬の時間の流れは少し深みがあるように感じられます。

DSC_0434_00002-2.jpg
nantan miyama, kyoto

薄氷

  • Day:2018.01.18 06:40
  • Cat:自然
上流の方が、若干冷たい?









DSC_0113_00023-2.jpg







DSC_0128_00001-2.jpg
nantan hiyoshi, kyoto

静か

  • Day:2018.01.17 00:40
  • Cat:自然
雪にすべての音が吸収されたみたいに、







静かな夕暮れどき。

DSC_0724_00026-2.jpg





帰りの道中。
大したことなくてよかった^^

DSC_0737_00025-2.jpg
nantan miyama, kyoto

ささやかだけど、役に立つこと

これは早く帰らないとヤバいかな… と思いつつ

DSC_0694_00020-2.jpg





冷え切った体を温めたくて、ちいさな店の灯りに引き寄せられていく。

DSC_0696_00021-2.jpg





お店を切り盛りする年配の女性の動作がとてもゆっくりで、
外がだんだん白くなっていくのが気ががりだったけれど。
ま、そんなに急がなくてもいいや、と腹を決める。

コーヒーとシフォンケーキが、ともに絶品やった。
ささやかな幸せ^^

さて帰ろうと思ったら、こんな風になっていた。


nantan miyama, kyoto


雪になる

  • Day:2018.01.13 20:18
  • Cat:自然
束の間の青空に誘われてカメラを持って出かけたけれど、








ほどなく雪が降りだしました。

DSC_0635_00017-2.jpg








DSC_0634_00016-2.jpg
nantan miyama, kyoto

遊んじゃった

  • Day:2018.01.12 00:32
  • Cat:自然
夕暮れ前の光をいろいろなホワイト・バランスで ^^









DSC_0183_00012-2.jpg







DSC_0159_00004-2.jpg







DSC_0150_00005-2.jpg





RAWで撮ると、いろいろ設定変えることができて面白い。
つい遊んじゃいました。

実際に撮った風景と、印象に残っているイメージとを近づける作業かな。

DSC_0169_00011-2_201801120025084e2.jpg
sasebo, nagasaki

ご機嫌斜め

  • Day:2018.01.11 00:56
  • Cat:自然
京都丹波での初撮りは、上桂川のブルー…
と思っていたのですが、






お天気がいまいちで、ちょっと寒々しい感じになっちゃいました (^^ゞ

DSC_0041_00004-2_201801110050232fc.jpg





お日さまを待っていたのですが、この日はご機嫌斜めのようでした。

DSC_0124_00001-2_20180111005021138.jpg







DSC_0082_00003-2.jpg
keihoku, kyoto

海辺にて

  • Day:2018.01.09 00:21
  • Cat:自然
山を下りてから、せっかくの機会だから…
ということで、おねだりして海辺に立ち寄ってもらいました。







お正月なので動きこそ無かったですが、湾内には養殖筏や小舟が沢山あって、
西日に輝いていました。

DSC_0132_00006-2.jpg






DSC_0127_00007-2.jpg





故郷島根の漁村とは、またちがった趣がありました。

DSC_0123_00008-2.jpg
sasebo, nagasaki

エンドロール

  • Day:2018.01.08 07:01
  • Cat:自然
日暮れ前のショータイム。
西側が海というロケーションの特権ですね^^







陽が沈むまで見届けたかったけれど(^^ゞ 
時間の関係でここまで。

DSC_0085_00004-2_20180108010125226.jpg






エンドロールを観ずに席を立った気分です。

DSC_0104_00001-2.jpg







DSC_0119_00002-2.jpg
sasebo, nagasaki

基地と造船の街

  • Day:2018.01.07 07:00
  • Cat:自然
佐世保の街を見下ろす山の展望台より。
少し霞んでいるかな。








DSC_0107_00005-2.jpg




北に目を写すと、別名「相浦富士(あいのうらふじ)」愛宕山。

DSC_0058_00003-2.jpg





九十九島方面は、何やらショータイムの予感。

DSC_0048_00006-2_2018010701370567e.jpg
sasebo, nagasaki

菜の花の夢

  • Day:2018.01.04 23:09
  • Cat:自然
帰ってきた京都丹波はとても寒くて、
数日前のことがもう夢幻のようなのですが (^^ゞ







長崎ではこんなのが咲いてました。

DSC_0020_00003-2.jpg







DSC_0021_00002-2_20180104225855ecb.jpg





夢… だったのかも。

DSC_0034_00005-2_20180104225852d5b.jpg
sasebo, nagasaki

謹賀新年

  • Day:2018.01.03 23:04
  • Cat:自然
年末年始はおつれさんの実家で過ごし、雪の舞う京都丹波へ帰ってきました。






風は冷たかったけれど、九州はやはり
光の粒のひとつひとつのパワーが違いました^^

DSC_0010_00002-2_20180103225705645.jpg




皆さまにとって、光や希望に満ちた一年になりますように。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

DSC_0041_00003-2_201801032257055ea.jpg