春待ちボート

  • Day:2015.01.31 01:25
  • Cat:自然

静かに春を待っているダム。


hiyodamboat4.jpg



杉やヒノキは、もう赤みを増してきた。
職場でも、早い人はもう「クション、クション」。

hiyodamboat2.jpg




下をのぞき込んだら、釣り用の貸ボートが寂しそうに浮かんでいた。

hiyodamboat1.jpg
nantan hiyoshi, kyoto





池の畔にて

  • Day:2015.01.30 00:45
  • Cat:自然

愛宕山系の地蔵山を水面に映す、廻り田池。

日々の喧騒を忘れさせてくれるぐらい、静まりかえっていました。








mawaritawinter2.jpg



感じ方によっては寂しい場所かもしれないけれど、
こんな時間に飢えている感じ (^^ゞ


mawaritawinter3.jpg





一瞬だけ、雲間から光が差し込んで池畔の木々を照らしていました。

mawaritawinter1.jpg
nantan yagi, kyoto





なんだか

  • Day:2015.01.28 01:14
  • Cat:自然
目がまわりそうな毎日だけど…







KEEP CALM and
CARRY ON


大好きなミュージシャンのライブをYouTube で聴いてたら、
ステージのバックにこの文字が。

なんだか、グッときた。

turnleft1.jpg
nantan miyama, kyoto

レインボー・ブリッジ

  • Day:2015.01.25 11:55
  • Cat:場所

タイトルそのまんまですが…  (^^ゞ








rainbowbr3.jpg







rainbowbr2.jpg




ダムが近くて流れの緩やかなこのあたりの由良川は、
『虹の湖』と呼ばれています。


rainbowbr5.jpg
nantan miyama, kyoto




傘立て

  • Day:2015.01.21 23:40
  • Cat:場所
由良川に架かる橋のたもとのバス停。






小学生の通学に使われているみたい。

この小屋が、雪や冷たい風から守ってくれる。


hashibus6.jpg





hashibus2.jpg




そして、こんな心遣いがうれしかったり^^

hashibus4.jpg




真下には、由良ブルー。

hashibus1.jpg
nantan miyama, kyoto

ゆらブルー

  • Day:2015.01.19 00:00
  • Cat:自然

久し振りの由良川です。

雪どけ水で水量は豊富。
そして、期待を裏切らない水の色。








yurayura6.jpg





静かに眺めていると、気持ちを鎮めてくれる色です。

yurayura1.jpg
nantan miyama, kyoto

20年

  • Day:2015.01.18 00:01
  • Cat:自然
この地に移り住んで間もなく感じた、大きな揺れ。
あの日からもう20年。

その時息子はつれあいのお腹の中に。
息子の齢で、地震から何年たったのか、実感します。






全壊した家屋の下で幸運にも生き残った従兄も、昨年他界。
地震を境にいろいろあって、人生が少しずつ変わっていったんだろうなぁ…と
心が痛みます。

一日一日、大切に。
当たり前のことを、忘れないように。

torininaru2.jpg





最近撮れていないので、昨年撮ったものから探してきました。

紅葉… やもんね (^^ゞ

torininaru1.jpg
kameoka, kyoto

スリップ注意

  • Day:2015.01.15 01:19
  • Cat:自然

雪がないと思ってふつうにブレーキ踏んだら、ズルッと滑ってしまった。
スタッドレス履いているのに。
危ない、危ない。






盆地の夕暮は急激に冷え込みます。


setsugensunset2.jpg



巷ではインフルエンザが流行ってきました。
予防接種している人も、ふつうに発症。

大きな声では言えないけど、
自分はインフルエンザ予防接種は長年受けていません。
調べれば調べるほど、理論的に無効だとわかるから。
厚労省が推進している意味が解らない。

その分、うがい・手洗いをせっせと励行。
おかげさまで、いまのところうまくいっているようです^^

setsugensunset1.jpg
nantan yagi, ,kyoto

阪急マルーン

  • Day:2015.01.12 23:47
  • Cat:

日曜日、免許更新に行ってきました。

次の更新は5年後。
5年後の年齢は…  ワオ~っ (~o~)






阪急マルーンを見ると、20代の頃を思い出す。

hankyukatsura2.jpg




難しい顔をして、電車に揺られてた… みたいな (^_^;)
阪急電車の揺れは、優しかったなあ。

hankyukatsura5.jpg




それにしても、山陰線と違って、ひっきりなしに通ります (^^ゞ

hankyukatsura6.jpg
katsura, kyoto

探検家

  • Day:2015.01.11 21:35
  • Cat:ひと
白壁の大きな蔵のある舘の裏手に、

makebashi6.jpg



時代劇に出てきそうな木の橋があります。








makebashi2.jpg






makebashi3.jpg



橋の周りをウロウロしていたら、
50ccのカブが停まり、カメラを持った若い衆が降りてきた。
神戸から山道をいくつも越えて来たらしい。

「え~っ、よく来れたね!」
「怖かったっす」。
「気をつけて帰りや~」。
「美山まで行く予定です」。
「え~っ! 無理無理。多分1mは積もってるで。やめとき」。←ちと大袈裟 
「そうすか~」。

彼が探検を断念したかどうかはわからない。

makebashi4.jpg
nantan sonobe, kyoto

1年ぶり

  • Day:2015.01.10 00:23
  • Cat:自然
雪がだいぶ融けてきた日、以前よくのぞいていた場所に行ってみた。





引っ越してから、滅多に通らなくなった道だけど、

鉄橋も

funaokasnow2.jpg




岩も、変わらず以前のままだった。

当たり前やけど (^^ゞ

funaokasnow3.jpg
nantan sonobe, kyoto

霧の上

  • Day:2015.01.07 22:55
  • Cat:自然

一日中これでは気が滅入りますが、






霧の上には

kiritoki3.jpg





青空が待っている^^

山陰育ちなので、冬の青空の有り難さはひとしおです。

kiritoki6.jpg

霧の朝


京都・丹波は霧のシーズン。
冬場の晴れた日の朝は、こんな感じです。









kiritoki4.jpg




これに慣れないと、ここでは暮らせません。

kiritoki2.jpg
kameoka, kyoto

初詣風景

  • Day:2015.01.03 18:31
  • Cat:場所
家族で初詣に出かけても、なぜか皆とはぐれてしまう。







jzumojinja11.jpg




こんなものばかり撮っているから。

jzumojinja8.jpg





捨て果てて身はなきものと思へども 雪の降る日は寒くこそあれ (西行)

出家してすっかり我が身を捨てきったと思っていたが、やっぱり寒さは身に染みる…
正直な人です^^


jzumojinja10.jpg




帰り道にある千歳車塚古墳。

静かに春を待っています。


jzumojinja7.jpg
kameoka, kyoto

初詣

  • Day:2015.01.02 21:53
  • Cat:場所

思わぬ雪の新年となり、島根への帰省はとりやめになりました。

出雲へは帰れませんでしたが、
ここにも「出雲」があるんだな^^

jzumojinja2.jpg




京都丹波地方にも大国主命様の足跡があるのは、なんだか心強い。

jzumojinja6.jpg




普段から水を汲みにくる人たちでにぎわっているという湧水で、心身を清めて。

jzumojinja3.jpg
kameoka, kyoto


シンプルに

  • Day:2015.01.01 00:15
  • Cat:自然

2015 あけましておめでとうございます





あれもやりたい、これもやらねば…
は、ありますが、


haboyan2.jpg



今年はシンプルに、目標を一つにしぼってやっていきたいと思います。

しぼることに1年かかったりして (^^ゞ


ま、今年もこんなノリでお付き合い下さいね。

haboyan6.jpg