夕涼み

  • Day:2013.06.30 21:29
  • Cat:自然
花が閉じてる夕暮の蓮池に来るなんて、自分だけかと思っていたら、







yuusuzumitonb2.gif



夕涼み中の方がいらっしゃいました。

yuusuzumitonb3.gif





yuusuzumitonb6.gif




この池で生まれたのでしょうか。

yuusuzumitonb4.gif
kameoka, kyoto

ライバル

  • Day:2013.06.29 00:17
  • Cat:自然

以前のテンプレートの表示に不具合が出てきたので、

取り急ぎ、思い切って変えてみました。

写真のサイズとか、徐々に整えていきたいと思います。





いま、アジサイのライバルは、この子たちでしょうか。








tachiaoigoma3.gif






tachiaoigoma4.gif






tachiaoigoma1.gif
nantan, kyoto

Every Day

  • Day:2013.06.27 00:25
  • Cat:自然
アジサイの花がなかったら、







ajisaisai3.gif



梅雨は、ただ鬱陶しいだけの季節だったかも。

ajisaisai5.gif



どんな季節も、良いところもそうでないところもある。

毎日が、そんな感じ。
落ち込んだり、喜んだり…。

それでいいのだ^^

ajisaisai4.gif
nantan miyama, kyoto

夏至を過ぎると

  • Day:2013.06.23 20:09
  • Cat:自然
夏至の…





翌日の (^^ゞ


hinomi2.gif



夕暮れです。

hinomi7.gif





hinomi4.gif



昼と夜のせめぎ合い。
これから、少しずつ夜が長くなっていくんだ~

なんだかさみしい。

hinomi5.gif
nantan sonobe, kyoto

寄り道

  • Day:2013.06.22 10:19
  • Cat:場所
実家の草刈りだけでは芸がないので、
帰路、前からずっと行きたかった場所に初めて立ち寄りました。

カメラのバッテリー切れのため、携帯写真です(^^ゞ





平日だったため、ほとんど貸し切り状態で、ゆっくり観ることができました。

写真もですが、高松伸氏設計の建物も興味深かった。

u-syoji3.gif






u-syoji4.gif



帰路につく時刻には大山は…

u-syoji5.gif



お土産は、これです^^
自分は「ありのまま」を撮りたい方なのですが、
初めて目にする「演出写真」というのもなかなか刺激的でした。


u-syoji1.gif
(植田正治写真美術館 鳥取県伯耆町)

潮の香り

  • Day:2013.06.20 00:05
  • Cat:場所
草刈のため、とんぼ返りで帰省。

実家の狭庭は、予想通りドクダミ畑に(^_^;)
時間もないので近所迷惑も顧みず、草刈り機でがーっと刈っておきました。

ドクダミの香りが、しばらく鼻につてしまって…。





松江の街は、中海と宍道湖をつなぐこの川に南北に分断されています。

向こうに架かっているのが松江大橋。

oohashi4.gif



こちらは、新大橋。

oohashi3.gif



松江駅前の、くにびき大橋。

oohashi5.gif


子供の頃は3本だった橋も、今では6本に。
とても便利になりました。
ドクダミに代わり(笑)汽水湖のかすかな潮の香りが、むかしの記憶を呼び覚まします。

oohashi1.gif

時間も限られていたのですが、持ってきたコンデジのバッテリーが
充電忘れのため~ (:_;) ここでアウト。

松江の写真はこれだけです。。。



Last Fight

  • Day:2013.06.19 00:14
  • Cat:ひと
大阪で寮生活をしている息子。
高校生として最後の試合を終えました。
あとは、勝ち抜いた仲間たちの応援に回ります。


インターハイまであと1勝届かなかったけれど、
心折れずによく頑張ったよ。
タオルを被って泣きじゃくる背中をポンと叩いて帰ってきました。





今日、電話がありました。
「進路を決めなあかん」。

今ごろ~? (^_^;)

そやな。
18歳になったばかりのの兄ちゃんよ、まだまだ先は長いぜ!

ケータイで撮る空梅雨

  • Day:2013.06.18 00:14
  • Cat:自然
空梅雨の強い日差し…
最高気温はほとんど体温に近い。
仕事のちょっとした移動だけでも、腕が焼けてしまいます。







karakei3.gif






karakei2.gif



予報では明日から雨マーク。

適度な雨を期待します。


karakei1.gif

田を彩る

  • Day:2013.06.15 23:04
  • Cat:自然
青々とした稲が育つまで、





こんな脇役たちが田を彩っています。

denenn6.gif




denenn5.gif





denenn1.gif



すこしだけ、恵みの雨が降りました。

denenn2.gif
kameoka, kyoto

飽きない

  • Day:2013.06.12 23:56
  • Cat:自然
水のある風景と…







katatsuyumugi5.gif



ドライな風景が混在する盆地の初夏。

katatsuyumugi2.gif



台風の影響でしょうか。
梅雨明けのような真っ青な空と白い雲。
こんな空は、ずっと見ていても飽きないなぁ。

通勤途中に思わず撮ってしまいました。

katatsuyumugi1.gif
nantan yagi, kyoto

雨乞い

  • Day:2013.06.11 23:02
  • Cat:自然
恵みの雨を期待していたのですが、
お昼前に、ほんのお湿り程度の降り方でした。

koshihatanbo1.gif


市内では、何十年ぶりに雨乞いの神事をしたところもあると聞きました。
ささやかな家庭菜園だけでも心配なのに、お百姓さんの心配は並大抵のこと
ではないでしょう。


koshihatanbo6.gif


5月の終わりの棚田。
用水路を勢いよく水が流れる音がしていました。


koshihatanbo4.gif



水は、とても大切なもの。

どうか、恵みの雨を。

koshihatanbo2.gif





koshihatanbo5.gif
saga koshihata, kyoto

ガードレール

  • Day:2013.06.08 23:34
  • Cat:自然
キバナコスモスを撮ったつもりが、





帰って見てみると…

kibana2.gif



なぜかガードレールがたくさん写っていた…。

kibana3.gif





kibana5.gif





kibana4.gif
nantan hiyoshi, kyoto

渋め

  • Day:2013.06.07 23:40
  • Cat:自然
う~ん…







shibu2.gif




渋いなぁ。

shibu1.gif





shibu4.gif
kameoka, kyoto

見上げる

  • Day:2013.06.05 22:50
  • Cat:自然
緑に包まれたダム湖。
京都・大阪へ水を供給しています。




この時期は梅雨の大雨に備えて、水位を低く調節されています。
でも、ほんとに梅雨入りしたの? と疑いたくなるほど雨が降りません。

逆に、水不足が心配です。


happadamuko8.gif



湖面を涼しい風が渡り、

happadamuko6.gif



湖畔の木々を揺らします。

happadamuko2.gif




葉っぱを見上げるのが楽しい季節です。

happadamuko1.gif
nantan hiyoshi, kyoto

輝く心

  • Day:2013.06.04 00:02
  • Cat:自然
稲垣栄洋「身近な雑草の愉快な生き方」(ちくま文庫)より

酢漿草(カタバミ)~花ことばは「輝く心」の倹約型雑草

この雑草を抜き去ろうと人間が不用意に触れると、その振動で発射装置が
作動して、種子がバチバチと音をたてながら飛び散っていく。
粘着物質が種子と一緒に飛び散って、人の靴や衣服に付着するようになっている。




夕方になるとカタバミは葉を閉じてしまう。夜間の放射冷却によって熱が
逃げるのを防ぐためであると考えられている。
曇りや雨の日には、花は開かない。虫が訪れる可能性が低いので、
花を閉じて花粉のロスを防いでいる。
つねに状況を判断しながら、こまめにエネルギーや資源の節約に励んでいるのである。



katabami2.gif





katabami1.gif



「輝く心」…  いいですね。

katabami3.gif





  • Day:2013.06.02 21:49
  • Cat:場所
雨の湿気をとりこんでいそうな





壁。

kabe4.gif



なんだか呼吸してそうな

kabe3.gif



壁。

kabe2.gif
nantan sonobe, kyoto