暑い夏の記憶

  • Day:2012.08.31 23:39
  • Cat:自然
仕事で外へ出かけたとき、信号待ちとかで携帯で撮ったものです(^^ゞ
ナイショだよ。



sonobe2.gif


sonobe4.gif


sonobe3.gif


「暑い!」という記憶だけが鮮明な、ことしの夏でした。
sonobe5.gif

錆び止め

  • Day:2012.08.30 22:27
  • Cat:自然
酸素の存在する、地球上のすべてのものは酸化する。



金属は、錆びる。
fukuzumiroad8.gif


ほとんどの生き物は、酸素がなくては生きて行けない。
だから、酸素を取り入れている私たちの体も錆びる。
それが、この世の掟(おきて)。
fukuzumiroad6.gif



fukuzumiroad7.gif


自分なりの「からだ」と「こころ」の錆び止めを持っていたいものです。
fukuzumiroad9.gif

秋を待ちきれなくて

  • Day:2012.08.29 23:43
  • Cat:自然
涼しくなるのを待ちきれなくて、咲きはじめました。




machikirenai2.gif



真夏のような太陽に向かって果敢に挑んでいるんだけど、
machikirenai3.gif



やはり、ちょっとつらそうに見えます。
machikirenai4.gif

もういいでしょう

  • Day:2012.08.27 20:20
  • Cat:自然
まだまだ続きます(汗)。
連日の日中の猛暑。



きっと、屋根さわったら火傷するやろな~。
yakesou2.gif



yakesou4.gif


夏のご老公様… もういいでしょう(^_^;)
yakesou3.gif

西日のエネルギー

  • Day:2012.08.26 14:55
  • Cat:自然
この暑さ…  いつまで続くんだろう。



皮膚に突き刺さるような西日。
nishibidamuko1.gif


日中よりも、むしろ太陽のエネルギーをいちばん強く感じる夕暮前。
nishibidamuko2.gif


レンズ越しに西日をのぞいていたら、ちと目にこたえました。
撤収、撤収 (^^ゞ
nishibidamuko4.gif
(南丹市日吉町)

片隅のメッセージ

  • Day:2012.08.24 23:07
  • Cat:場所





hantai2.gif



hantai4.gif



hantai3.gif



hantai5.gif
(篠山市福住)

  • Day:2012.08.23 23:30
  • Cat:場所
閉じていることの存在感。



fukuzumisouko4.gif



fukuzumisouko7.gif


fukuzumisouko3.gif


fukuzumisouko8.gif
(兵庫県篠山市福住)

妖気

  • Day:2012.08.22 22:36
  • Cat:自然
大根島から江島大橋を渡り、米子道のインターを目指す。
踏切を渡るとき、すぐそこに見える駅から妖気を感じた。


待合室が怪しい?
konaki4.gif


konaki2.gif


それとも、ホーム?
konaki1.gif


あっ、これでした!!
konaki3.gif


車内のアナウンスを聞いてみたいような気がします^^
konaki6.gif
(鳥取県境港市)

川面を渡る風

  • Day:2012.08.21 00:00
  • Cat:自然
ふたたび松江編です^^

今年新しくできた「縁結び大橋」。
市街地を南北に分断する川に架かる、5番目の橋です。
大橋川、剣先川、朝酌川の3本を一気にわたります。
この橋渡ったら、ご利益あるかも… ですよ。
enmusubi1.gif

橋の向こう側(北側)の朝酌川に小さな船溜まりがあります。
enmusubi5.gif

子供の頃、フナ釣りをした記憶がよみがえってきます。
小学1年生までは、この川の近くに住んでいました。
今の実家は、川の南側です。
enmusubi3.gif


川面を渡る風は、まだ真夏の香りがしました。
enmusubi4.gif

杜には

  • Day:2012.08.19 22:30
  • Cat:自然
いつもの神社^^




housaku3.gif



housaku2.gif



housaku4.gif



そして、杜にはやっぱりTOTOROが。
housaku5.gif
(亀岡市千代川町)

田を見守る

  • Day:2012.08.18 23:06
  • Cat:自然
いったん、丹波に戻りま~す。



田んぼを見守っている小さな祠。
tanohokora2.gif


順調に稲穂が成長しているのを目にすると、
tanohokora4.gif


人さまの田んぼでも、我がことのように嬉しくなってしまいます。
tanohokora5.gif
(亀岡市千代川町)

大根島じかん

  • Day:2012.08.17 22:34
  • Cat:
朝鮮人参の産地だけど、「大根島(だいこんじま)」。




大根島の“しまじかん”  (^^ゞ
daikonjimanite2.gif



daikonjimanite5.gif


時間がゆっくり… というより、止まっているような。
私は誰? ここはどこ? みたいな感覚。
daikonjimanite1.gif



遊んでいる子供たちを見かけたとき、時間はまたゆっくりと動きだした。
daikonjimanite7.gif

(松江市 大根島)

e-雲

  • Day:2012.08.16 22:15
  • Cat:自然
松江からの帰り、山陰道の渋滞を避けて中海に浮かぶ大根島経由で
米子道に向かった。



…なんてのは言い訳で、ホントの理由はいい雲が湧いてそうだったから^^
daikonnakaumi6.gif


事実上中止になった中海干拓事業のときにできた堤防を通って、
大根島へ。
daikonnakaumi2.gif


真夏の大山は恥ずかしがり屋さん。
すっぽり雲に隠れています。
daikonnakaumi3.gif


暗いイメージかもしれない「山陰」だけど、故郷の名誉のためにはっきり言います。
夏の山陰は、底抜けに明るい光に満ちています。
daikonnakaumi1.gif
(島根県松江市 中海)

予定外

  • Day:2012.08.14 00:01
  • Cat:自然
高速にのる直前に急用の連絡が入り、帰省は1日順延となりました。



予定が何かの理由でくるったときは、
「予定通りに行ってたら、何かたいへんなトラブルがあったかも…」と
前向きに考えるようにしています^^
asagaogao2.gif


結局は、予定外のことの積み重ねが「いま」ここにいる自分…。

なんて、帰省が1日のびたくらいで、何言ってるんでしょうかねぇ(^^ゞ
asagaogao3.gif

お盆休み

  • Day:2012.08.13 10:16
  • Cat:自然
どんより、ムシムシ天気のお盆になりそうです。



気分だけでも爽やかに^^
ちょっとだけお墓参りに帰省します。
misohagikoshihata5.gif


帰省されるみなさま、道中お気をつけて(^o^)
misohagikoshihata7.gif


misohagikoshihata8.gif

脇役

  • Day:2012.08.11 21:57
  • Cat:自然
ミソハギの紫が風に揺れる…


ちょっとだけ高原気分。
misohagikoshihata2.gif


今年もお盆がやってきた。
misohagikoshihata3.gif


ここ越畑では、オミナエシが主役。
ミソハギは渋い脇役です。
misohagikoshihata1.gif

黄色が主役

  • Day:2012.08.10 23:52
  • Cat:自然
標高500~600mのこの辺りは、下界より凌ぎやすいです。
身近なところにある、ちょっとした避暑地^^




ominaesi3.gif

よく見ると、虫たちがいっぱい(^_^;)
真夏の黄色に誘われて寄ってきたのでしょうか。
ominaesi4.gif


年に2回、春先と真夏に黄色が主役となる山里です。
ominaesi1.gif
(京都市右京区嵯峨越畑)

女郎花

  • Day:2012.08.09 00:49
  • Cat:自然
お盆を目前に控え、越畑の棚田は女郎花(おみなえし)の出荷時期を迎えていました。


黄色くなっている面積は、例年より少ない目のようです。
堺ナンバーの車の方は、がっかりして帰って行かれましたが、
こちらは、20分足らずで来れるのでショックはありません(^^ゞ
ominaesi7.gif

毎年決して同じじゃないから、一期一会なんですね。
ominaesi8.gif

あちらこちらで、花の出荷の準備をされていました。
ominaesi9.gif

今夜は涼しいです。コオロギの声が聞こえてきました。
ominaesi6.gif
(京都市右京区嵯峨越畑)

保津小橋

  • Day:2012.08.07 23:21
  • Cat:場所
夕焼けに誘われるように、少し遠回りをして帰った。



hozuyake7.gif

保津川のほとりを通る頃には、夕焼けはもう終息に向かっていた。
hozuyake9.gif


自転車の子どもに続いて、車がやっと通れる道幅の保津小橋を渡って家路についた。
夕焼けは、時には自然に対する畏れとともに、自分という存在の小ささを教えてくれる。
一日の終わりに、こんな光景を目にするのも悪くない。
hozuyake5.gif
(亀岡市 保津小橋)

買い物帰り

  • Day:2012.08.06 22:51
  • Cat:自然
買い物に出かけたホームセンターの駐車場から見える空。



クンクン…。におうぞ!!
うん。ドラマチックな予感^^
hozuyake3.gif


やはり…
hozuyake1.gif


夏の夕暮れのゴールド・メダル。
hozuyake4.gif

ちょっと撮り鉄

  • Day:2012.08.06 00:30
  • Cat:
線路脇のひまわりを撮ろうとしていたら、風にのって踏切の音がきこえてきた。



himaden1.gif


himaden4.gif


himaden5.gif

ときどき、体内の鉄分が目を覚ますことがある。
himaden3.gif
(南丹市日吉町)

その理由は?

  • Day:2012.08.05 01:32
  • Cat:自然
朝7時台からもうこんな感じです(汗)。



ooigawaasa2.gif

河川敷のいつもの散歩の人たちも見当たらない…
ooigawaasa3.gif


暑さのせい?
それともオリンピックのせい?
ooigawaasa4.gif
(南丹市八木町)

山里の暮らし

  • Day:2012.08.04 13:36
  • Cat:自然
一瞬、廃屋かな? と思ったけれど、
yamagurashi2.gif


どうやらそうではないらしい。
yamagurashi1.gif



yamagurashi3.gif


朽ち果てそうなひとつひとつのモノにも、
yamagurashi6.gif


丁寧さが垣間見られる、山里の暮らし。
yamagurashi5.gif
(南丹市美山町)

こう暑いと

  • Day:2012.08.02 22:59
  • Cat:自然
こちら、京都丹波地方も連日体温と同じくらいの猛暑です。


こう暑いとねぇ…
kouatsuito2.gif


kouatsuito3_20120802225436.gif

我々もたまらんでござる~。
kouatsuito5.gif


ちょっと一息… クールダウンしましょうか^^


ドラム缶

  • Day:2012.08.01 23:17
  • Cat:自然
コイン精米所の駐車場で、ドラム缶がアートしていた。


単なる車止め? それともアート?
doramu2.gif

容赦なく照りつける太陽で、ドラム缶は熱っちっち…。
乾ききった地面に短い影を落としていた。
doramu4.gif


doramu3.gif