貴重な光

  • Day:2012.01.31 23:28
  • Cat:自然
暗い雪雲の間から一瞬のぞく、微かな光。


地上までやっとこせで到達するかどうかの、か弱い光だけど、
kayayuki10.gif

地上のすべてのものや人々の心にとって、とても貴重なエネルギー。
kayayuki12.gif

kayayuki16.gif

だから田んぼの水も、この光を大切に受け止めています。
kayayuki14.gif
(南丹市美山町)

静か

  • Day:2012.01.30 22:41
  • Cat:自然
せっかく雪の中を美山まで来たので、


茅葺き民家のある地区まで足をのばしてみた。
kayayuki2.gif

茅葺きの里で有名な北地区まで行かなくても、美山の中心部
に近い野添地区で茅葺き民家を見ることができる。
kayayuki1.gif

国道にもほど近いのに、静か…
kayayuki4.gif

音もなく、ただ雪が降り続いていた。
kayayuki7.gif

30分で

  • Day:2012.01.29 22:50
  • Cat:自然
北に30分だけ車を走らせたら…


同じ市内なんですけどね(^^ゞ
miyamayuki3.gif

miyamayuki4.gif

miyamayuki5.gif

分水嶺のトンネルを抜けると、そこはもう日本海側。
春はまだ遠いなあ。
miyamayuki6.gif
(南丹市美山町)

里山の雪

  • Day:2012.01.29 01:02
  • Cat:自然
チェーンを巻くほどではないけれど、


ちょこちょこよく積もります。
satoyuki3.gif

satoyuki2.gif

ちょっと優しい
satoyuki4.gif

里山の雪。
satoyuki5.gif

氷点下の朝

  • Day:2012.01.27 21:50
  • Cat:自然
氷点下の朝が続いています。
今朝は、外の水道のしずくが凍って柱が立っていました。


あまりの寒さに朝日もちょっと元気がないかな。
hyoutenka6.gif

それでも、霜の降りた牛舎の屋根を精一杯の力で照らしていました。
hyoutenka3.gif

hyoutenka1.gif

閑話休題

寒い一日でした。
仕事帰り、国道9号線の温度表示はマイナス3度。
京都府では内陸部になるこのあたり。最低気温はいつもトップです。


晩メシ食べて、コタツでうたたねしてしまい、
起きたらコタツの上にこんなんがおりました。
robo2.gif

どうやら、つれあいの内職のようです。
robo4.gif

「部屋は絶対に写すな~!!」と悲鳴が聞こえてきました(笑)。
robo3.gif

水辺の植物

  • Day:2012.01.25 22:37
  • Cat:自然
豊富な水辺の植物たちも、琵琶湖の魅力。
対岸の山は、比叡山です。


湖の水を浄化してくれる葦たち。
biwabiwa20.gif

湖岸道路沿いにも、たくさんの葦原が見られました。
biwabiwa29.gif

これは、ホテイアオイの冬の姿でしょうか。
biwabiwa26.gif

いまは冬眠中のカエルの目線で^^
biwabiwa31.gif
(滋賀県草津市)

これで休校?

  • Day:2012.01.24 22:59
  • Cat:自然
大雪警報が出ているというのに、今朝はこの程度。
この町の小学校の生徒たちは、休校になって喜んでるかな。



yukiasa2.gif

幸い雪は少ないものの、完璧に冬型の空模様です。
yukiasa5.gif

天気予報では京都丹波地方、しっかり1週間雪マークが続いています。
日曜日の琵琶湖の青空が、昔のことのよう(^^ゞ
yukiasa4_20120124225451.gif

ニュートラル

  • Day:2012.01.23 22:32
  • Cat:自然
何も考えずに、ただ湖面を見つめているだけの時間。


ギアでいうと、ニュートラル。
琵琶湖の水が、「ギアを入れるな」と言っている^^
biwabiwa8.gif

そんな時間も、たまには必要かな。
biwabiwa9.gif


biwabiwa15.gif

はるか対岸に目をやると、遊覧船が沖に向かうところだった。
biwabiwa16.gif

琵琶湖へ

  • Day:2012.01.22 20:46
  • Cat:自然
お正月に帰省したときに中海を見て刺激されたのか、
急に琵琶湖が見たくなり…


ちょろっと大津まで行ってきました。
biwabiwa6.gif

名神瀬田西インターで下りて、湖岸道路を少し走ります。
biwabiwa5.gif

ホントは大好きな琵琶湖博物館まで足をのばしたかったのですが、
時間の制約があり、湖畔の公園に車を停めて少しお散歩。
対岸の比良山系の山々が、うっすら雪をかぶって輝いてる。
biwabiwa4.gif

亀岡盆地も京都も霧で靄っていましたが、ここには光があふれていました。
biwabiwa1.gif
(滋賀県大津市)

地味に

  • Day:2012.01.21 23:36
  • Cat:自然
地味な一日が地味に暮れていった、


ある日の夕暮。
jimina1.gif

冬の太陽は、まだ盆地の西には到達せずに、南の方角へ沈みます。
jimina4.gif

地味もまたよし。
jimina6.gif

戦略

  • Day:2012.01.20 23:46
  • Cat:自然
昨日の雑草の続きです^^

最近はまっている文庫本。
「逆境」をテーマに、身近な雑草たちの巧みな戦略を、
楽しく解説していて、ぐいぐい引き込まれていきます。

これ読んでると、雑草が伸びてくる春が待ち遠しくなりますよ。
あ、草刈りの面倒さを忘れてた(^_^;)


がらっと変わって…
harumachi13.gif

春を待つ、ダム湖周辺の木々です。
harumachi11.gif

厳冬のあぜ道

  • Day:2012.01.19 22:09
  • Cat:自然
氷点下の朝が続きます。


生姜湯を飲んだりしていますが、なかなか体が温まらないなあ。
sepiamorning8.gif

節電で、エアコンも効かないし…
今日は、湯たんぽ持参の同僚もいました^^
sepiamorning9.gif

あぜ道の草たちは、何度凍っても元気です。
見習わなくては(^^ゞ
sepiamorning10.gif

静寂の色

  • Day:2012.01.18 21:52
  • Cat:自然
静寂の音がするぐらいの静けさの中で、


世木ダムは眠りについていた。
segifuyu1.gif


segifuyu4.gif


segifuyu3.gif

冬の山の気を濃縮したように暗く淀んだ水も、静寂の色をしていた。
segifuyu2.gif
(南丹市日吉町)

セピア色の朝

  • Day:2012.01.17 22:58
  • Cat:自然
亀岡盆地の朝。この日の霧は、申し訳程度。
愛宕連山の上の方には、うっすらと白いものが。


セピア色に明けていく朝の風景を、
sepiamorning5.gif

点在する小屋たちが引き締めていた。
sepiamorning1.gif

sepiamorning3.gif

大阪にて

  • Day:2012.01.16 22:50
  • Cat:場所
2か月に1度の大阪行きの日曜日。
まだ朝の寒気の残る、明けたばかりの亀岡盆地を背に峠道を越えた。


阪神高速に乗る。
暖かい…。
暖房を切って窓を開けて走った。こんなに気候がちがうんだ。
スタッドレスタイヤが、恥ずかしそうにうなり声をあげていた。
oosakanite1.gif

北浜出口で下りたら、ライオンがお出迎え。
oosakanite2.gif

少し早く着いたので、天満橋のたもとの公園で時間待ち。

散歩の人や、太極拳をしているグループ…
丹波にはない光景だな^^

曇り空だったが、寒さで肩をすぼめなくても歩けたのは、
久しぶりだったような気がする。

暖かいっていうのも、いいもんだな。
oosakanite3.gif

この寒いのに…

  • Day:2012.01.15 22:42
  • Cat:自然
これ何だろうな~


ネットで調べても、なかなかわかりません(^_^;)
harumachi8.gif

冬の日吉ダム周辺は、そんなものがいっぱい。
harumachi9.gif

harumachi7.gif

この寒いのにダム湖周辺でウロウロしているオッサン。
それは、私です^^
harumachi10.gif

春待ち色

  • Day:2012.01.14 23:14
  • Cat:自然
モノトーンのダム湖畔で、


秋の忘れ物たちがしがみついて、春を待っている。
harumachi3.gif


harumachi2.gif


harumachi4.gif

名付けるとしたら、“春待ち色”でしょうか。
harumachi5.gif

枯草も

  • Day:2012.01.13 23:59
  • Cat:自然
黄金シリーズ第2弾。


何気なく通り過ぎてしまいそうですが、
karekusa2_20120113235526.jpg

枯草たちだって、
karekusa3_20120113235525.jpg


karekusa6.gif

結構、黄金色だったりします。

冬の丹波は、黄金色!?
karekusa7.gif

輝いていた日々

  • Day:2012.01.12 22:44
  • Cat:自然
積もるかなと思っていたのですが、この程度。
でも冷え込みは相当なものでした… ぶるっ。


ライスセンターのメタリックなタワーが、冷たそう。
goldenstage1.gif

前日の夜、テレビで平泉の特集をやっていた。
東北地方が黄金色に輝いていた時代……
その余韻がまだ頭の隅に残っていた朝、
goldenstage3.gif

毎朝通る河川敷公園の石畳が、黄金色に輝いていた。
goldenstage5.gif

石と太陽と、とけたばかりの雪の合作です。
goldenstage4.gif

少しだけ春色

  • Day:2012.01.11 22:04
  • Cat:自然
つかの間の陽の光をあびて、
yuragawajan19.gif

少しだけ春色の由良川の流れ。
yuragawajan15.gif


今夜は雪が降り出しました。
yuragawajan13.gif

明日の朝は、うっすら雪化粧でしょうか。
yuragawajan16.gif

シンメトリー

  • Day:2012.01.10 22:20
  • Cat:自然
問題。


1枚目と2枚目、どちらが正しい向きでしょうか?
yuragawajan7.gif

答えは… 
 
2枚目でした^^
yuragawajan9.gif

由良川に映り込む、シンメトリックな風景です。
yuragawajan5.gif
(南丹市美山町)

Golden Time

  • Day:2012.01.09 22:19
  • Cat:自然
山に囲まれた盆地の日の出は遅いです。



katsuraasa3.gif

桂川の水は、この場所で滝のように堰を滑り落ちて、亀岡盆地へと流れてゆきます。
こんなふうに輝く川を横目に通勤する日が、しばらく続きそうです。
katsuraasa2.gif
(南丹市八木町)

由良川へ

  • Day:2012.01.08 21:15
  • Cat:自然
由良川へ、新年のご挨拶に行ってきました。
yurajan2.jpg

年明けに積もった雪は、もうほとんどとけていて、気持ちのよい
日差しがふりそそいでいました。
yurajan1.jpg

冬枯れから、新緑の季節まで…


今年は何度お世話になるかな?
yuragawajan3.gif
(南丹市美山町)

出雲編~ 廃船

  • Day:2012.01.07 23:57
  • Cat:場所
堤防で地続きになっている、中海に浮かぶ大根島に渡ってみた。


昔は松江大橋付近から、大根島行きの船が運航していた。
その発着港だった入江港付近に、廃船が朽ち果てた姿をさらしていた。
haisen2.jpg

高校生の頃、すでにあったと思うので、かれこれウン10年もの間、
ずっと波風にさらされていたんだ。
haisen3.jpg

撤去されることもなく、このまま朽ち果てていくのだろうか。
haisen6.jpg

ときどき雲間からのぞく光が、黒く横たわるオブジェを神々しいものに見せていた。
haisen7.jpg
(島根県松江市八束町)

冬桜

  • Day:2012.01.06 22:19
  • Cat:自然
雪を降らせた雲の切れ目が、ちょうどこのあたり。


河川敷には、いつもの犬くんと散歩の人。
心なしか、犬くん、いつもより早く駆けているみたい^^
yukinoasa9.jpg

そして、
yukinoasa10.jpg

三郎ヶ岳をバックに咲いた、冬の桜。
yukinoasa13.jpg

雪の朝に

  • Day:2012.01.05 22:00
  • Cat:自然
この冬はじめての、積雪らしい積雪。


スタッドレスタイヤで滑りながら府道まで出たけど、
yukinoasa2.jpg

街まで来たら、な~んだ… という程度。
yukinoasa5.jpg

このお天気では、すぐにとけてしまいそう。
yukinoasa3.jpg

雪化粧した河川敷公園の木々が、朝日を浴びて存在感を示していました。
yukinoasa1.jpg

出雲編~ 一瞬の光

  • Day:2012.01.04 22:46
  • Cat:自然
雲間から一瞬のぞいた太陽が見せてくれた、輝く世界。


あわててPLフィルターを取り付けてシャッターを切る。
2012nakaumi14.jpg

ああ、もう少し待って~
2012nakaumi13.jpg

約1分間の、魔法のような出来事。
このあと、何事もなかったように、中海は分厚い雲に覆われた。
2012nakaumi12.jpg
(島根県松江市)

出雲編~ 中海の光芒

  • Day:2012.01.03 22:42
  • Cat:自然
中海(なかうみ)。島根県と鳥取県にまたがる、日本で5番目に広い湖。
境水道で日本海とつながっており、海水の2分の1の塩分を含む汽水湖です。


子供の頃、魚釣りでお世話になった、母なる湖。
ハゼやセイゴに混じって、時々海の魚も釣れました。
2012nakaumi10.jpg

山陰の冬特有の低い雲が広がって、昼間でもうす暗い…。
2012nakaumi7.jpg

住んでいた頃は何とも思わなかったのですが、冬の青空に慣れた今では、
すこし重苦しい… かな。
2012nakaumi8.jpg

でもね、出雲の神さまは、きっちりこんな瞬間も用意して下さっているのです^^
2012nakaumi1.jpg
(島根県松江市)

陽だまり

  • Day:2012.01.02 09:52
  • Cat:自然
これから島根に向かいます。
お天気がちょっと心配ですが、昨年の大雪のようなことはないと思います。


nanten4.jpg

トンボがえりですが、行ってきま~す^^
nanten5.jpg