整列

  • Day:2011.10.31 22:49
  • Cat:自然
田んぼに伏せられた稲藁は、晩秋の使者…


なんだけど、なんだか暖かい日が続いている今日この頃。
今だにカッターシャツを腕まくりして仕事しています。

整列!! きをつけ~!!
himuronokiri1.jpg

こらっ、よそ見をするな!!
himuronokiri3.jpg

himuronokiri4.jpg

ながめていたら、稲藁がいっせいに歩きだしそうな気分になってきました。
そう思うと、ちょっと怖い絵ですよね。
himuronokiri5.jpg
(南丹市八木町)

紫色の…

  • Day:2011.10.30 18:33
  • Cat:自然
近寄って、すこし「アワダチソウ」らしく。


seitakakun11.jpg

seitakakun12.jpg

ヨウシュヤマゴボウでしょうか。
こんなツーショットも、秋ならでは… です。
seitakakun19.jpg

自宅に車を置いていると、(たぶん)この紫色の実を食べてドアミラー付近で紫色の糞をする鳥さんに
悩まされています(^_^;)
なんで、その場所ばかりで…。
seitakakun16.jpg

セイタカ君

  • Day:2011.10.29 23:19
  • Cat:自然
コスモスもあまり見かけなくなって


主役に躍り出たのは
seitakakun3.jpg

セイタカ君。
seitakakun6.jpg

「雑草」とひとくくりされてしまい、あまり見向きもされないけど…
seitakakun1.jpg

この季節の京都丹波地方は、確実に黄色が優勢です。
seitakakun7.jpg
(南丹市八木町)

葉っぱ様さま

身近な秋色…


今週は、葉っぱでつながせていただきました。
happappa24.jpg

happappa48.jpg

お付き合いいただき、ありがとうございました。
happappa39_20111028224450.jpg

happappa45.jpg
(南丹市日吉ダム周辺)

時雨れ前

  • Day:2011.10.27 23:26
  • Cat:自然
ふと見上げると、


葉っぱ越しの青空。
happappa41.jpg

happappa42.jpg

かすかに葉っぱを揺らした風は、時雨れ前のにおいがした。
happappa43.jpg

湖面

  • Day:2011.10.26 21:38
  • Cat:自然
ダム湖畔の秋色を、湖水をバックに。


happappa25.jpg

葉っぱも色とりどりだけど、光の加減で湖水も七変化。
happappa26.jpg

happappa37.jpg

happappa38.jpg

道端

  • Day:2011.10.25 23:24
  • Cat:自然
どこで生きていくかなんて、関係ない。


人目につかなくても、
murenai1.jpg

排気ガスにまみれても、
murenai2.jpg

生れた場所で精一杯。
murenai4.jpg

そんな、群れない植物たちも、カッコイイ。
murenai5.jpg

葉っぱ宇宙

  • Day:2011.10.24 21:55
  • Cat:自然
ここ最近、カメラを持って出掛けられていないので、近場で葉っぱと
戯れています(笑)。


happappa7.jpg

happappa9.jpg

happappa10.jpg

よ~く見ると、みんな個性的だなあ。
happappa22.jpg

まずは桜から

  • Day:2011.10.23 22:53
  • Cat:ひと
日吉ダムの天若湖畔。
紅葉の一番手は、桜のようです。


葉っぱの中に宇宙が見える。
happappa2.jpg

happappa3.jpg

happappa4.jpg

この時期にしては珍しく汗ばむ陽気で、一日Tシャツで過ごせました。
happappa5.jpg
(南丹市日吉町)

峠の秋

  • Day:2011.10.22 23:35
  • Cat:自然
峠の秋は、里よりひと足早く。


tougenoaki1.jpg

tougenoaki3.jpg

tougenoaki6.jpg

tougenoaki7.jpg
(京都市右京区京北)

A地点~B地点

  • Day:2011.10.21 22:58
  • Cat:自然
確か高校生のとき数学の先生が言っていたことを、ふと思い出した。

「A地点からB地点へ向かうとき、君はA点とB点の中間を通らなければならない。
そして、その中間点とA点の中間を通らなければならない。そして、またその中間点
とA点の中間… そのまた中間… と、無限に中間点を通らなければならない。
すなわち、君はA地点からB地点には永久に到達しない」。

永久に中間点を探している自分に、ふと気付く。
本当は、一気に行けるのに。


秋色にかわっていく河原で、ススキが輝いていた。
susukinokawara1.jpg

susukinokawara4.jpg

小さな一歩でも、それは無限を超えた一歩なのかもしれない。
susukinokawara2.jpg
(京都市右京区京北)

サワサワと

  • Day:2011.10.20 20:55
  • Cat:自然
ススキ野の中に迷い込む。


susukino9.jpg

銀色に光る穂が風にサワサワと揺れて、
susukino12.jpg


どの穂にピントを合わせたらよいのか…。
ファインダーをのぞき込んでいたら方向感覚を失ってしまった。
susukino13.jpg

susukino14.jpg
(京都市右京区京北)

薄(すすき)

  • Day:2011.10.19 22:38
  • Cat:自然
青空をバックにすると軽やかに揺れていますが、
susukino3.jpg

susukino6.jpg

susukino1.jpg

暗い森がバックだと、存在感をもって輝いている。
巧みに光を操って、いろんな姿を見せてくれる植物です。
susukino7.jpg

箸休め

  • Day:2011.10.18 22:03
  • Cat:自然
かなりコスモスが続いたので、箸休めに(^^)
9月下旬のものです。


かすかに秋の日差しを通して。
fuyomiyam3.jpg

まだ汗ばむ陽気だった頃の初秋の山里。
fuyomiyam4.jpg

fuyomiyam6.jpg

fuyomiyam7.jpg
(南丹市美山町)

草むら

  • Day:2011.10.17 23:08
  • Cat:自然
いろんな植物に混じって草むらに咲いていても、


cosmos2011-30.jpg

ピントを合わせたら主役です。
cosmos2011-31.jpg

主役は、観客が決める。
cosmos2011-32.jpg

久しぶりに聴きたくなりました。

陽だまり

  • Day:2011.10.16 22:57
  • Cat:自然
少しずつ、少しずつ、


秋色に変わっていく。
sukoshikouyou2.jpg

雑木林の陽だまり。
sukoshikouyou3.jpg

こちらも、少しずつ(^^)
sukoshikouyou4.jpg

コスモスのある風景2011 其の4

  • Day:2011.10.15 21:10
  • Cat:自然


cosmos2011-20.jpg

cosmos2011-22.jpg

cosmos2011-40.jpg

cosmos2011-41.jpg
(南丹市日吉町)

コスモスのある風景2011 其の3

  • Day:2011.10.14 21:38
  • Cat:自然


cosmos2011-10.jpg

cosmos2011-12.jpg

cosmos2011-13.jpg

cosmos2011-14.jpg

コスモスのある風景2011 其の2

  • Day:2011.10.14 00:03
  • Cat:自然


cosmos2011-6.jpg

cosmos2011-7.jpg

cosmos2011-8.jpg

cosmos2011-9.jpg

コスモスのある風景2011 其の1

  • Day:2011.10.12 22:44
  • Cat:自然
犬も歩けばコスモスに当たる。

そこいら辺、コスモスだらけになってきました。
探さなくても、農家の庭先や畑には8割がたコスモスの花が。
うれしいなあ。


cosmos2011-2.jpg

cosmos2011-3.jpg

来週にかけて、仕事モードに入ります。
(いつもは何やねん… というツッコミはご勘弁を)
コスモスの花でつなぎます(^^)
cosmos2011-1.jpg
(亀岡市旭町)

黄金の粒

  • Day:2011.10.12 00:07
  • Cat:自然
秋の陽をあびて、お米はどんどん黄金色にかわっていく。


効率化とか、国際競争力とか… 
ougonnotsubu1.jpg

それぞれの国の人たちが協力し合って、気候・風土に合った生活を
していけばいいじゃん。
ougonnotsubu2.jpg

ougonnotsubu3.jpg

ちいさな田んぼをながめながら思った。
TPPには反対です。
ougonnotsubu7.jpg

少し秋色

  • Day:2011.10.10 21:33
  • Cat:自然
ずいぶん久しぶりに、いつもの河原をのぞいてみました。


岸辺の木々も、心もち秋色に。
itsumono7.jpg

この日の日中は、夏のような暑さが戻ってきました。
itsumono6.jpg

itsumono4.jpg

今日は、福祉の職場の就職フェアが、地元の町でありました。
ブース担当で10人程度お相手しただけなのに、ぐったりです。
普段、無口なものですから… (~o~)
itsumono5.jpg

萩の社

  • Day:2011.10.09 20:30
  • Cat:場所
9月下旬の写真です。
京都に出たとき、時間が空いたので京都御所の隣にある梨木神社へ。


萩の名所ときいていたのですが、ちょっと早かったようです。
参道の両側の萩に、俳句の短冊がくくりつけられています。
nashinoki2.jpg

nashinoki3.jpg

あまり主張しない萩の花ですが、静かに秋を感じさせてくれる花です。
nashinok6.jpg

考えてみたら、このあたりへ来るのは10年以上ぶりです(*_*)
すっかり丹波の人間になっています(^^)
nashinoki1.jpg

乳白色

  • Day:2011.10.08 22:51
  • Cat:自然
稲刈りをひかえた黄金色の田が乳白色に包まれる朝。


10月になり、少しずつ霧の朝が増えてきました。
10gatsunokiri4.jpg

10gatsunokiri5.jpg

10gatsunokiri1.jpg

霧の出る日は、日中のよいお天気が約束されたようなものですが、
盆地ではこれからは乾燥機が活躍するシーズンでもあります。
10gatsunokiri3.jpg

思わぬところに

  • Day:2011.10.07 23:41
  • Cat:自然
今年はあまり撮れなかった彼岸花。
ohigan2.jpg

あれよあれよと、盛りを過ぎてしまいました。
ohigan3.jpg

ohigan5.jpg

今年見たなかで一番鮮やかだったのは、思わぬところ。
busteiniaka1.jpg

サラ金の宣伝ではないですよ(^_^;)
busteiniaka3.jpg

青一点

  • Day:2011.10.06 21:55
  • Cat:自然
畑の隅に咲く


その中に
aoitten4.jpg

気になる青一点。
このロケーションでは、普通、錆びたドラム缶なのですが(^^)
見ようによっては、アート?
aoitten2.jpg

aoitten3.jpg

今年は柿の成り年のようです。
aoitten5.jpg
(京丹波町)

発芽

秋の一日。あちらこちらで蕎麦の花を見かけます。


kyotansoba2.jpg

そして、ところどころにこぼれダネ。
kyotansoba5.jpg

蕎麦の花に囲まれて、まんざらでもなさそう。
kyotansoba6.jpg

蕎麦は、タネの一か所だけが土に接していたら発芽する… という
身軽な植物だそうです。
ある意味、うらやましいような(汗)。
kyotansoba4.jpg
(京丹波町)

風力発電

  • Day:2011.10.04 21:50
  • Cat:場所
松江からの帰り道、米子道にも飽きてしまったので、山陰道で鳥取方面へ走った。
まだ全線開通しておらず、途中2度ほど9号線に入る。
鳥取県の海岸沿いには、あちらこちらに風力発電機が林立していた。


どれぐらいの発電量があるのだろう。
これで県民の消費電力をまかなえていたら、スゴイなあ。
海の向こうには、島根半島の東部を望むことができた。
tottorifuuryoku6.jpg

雲のせいか、もう冬の山陰の空のようだ。
tottorifuuryoku3.jpg

tottorifuuryoku7.jpg

鳥取市に入る頃には、もう日が暮れてきた。
進路を南にとり、真っ暗な鳥取道を通って中国山地を抜け、中国道へ合流した。
tottorifuuryoku2.jpg

湖畔にて

  • Day:2011.10.03 22:42
  • Cat:場所
実家の草刈を終えて食料の買い出しに出かけたら、ちょうど宍道湖の西、
出雲大社のある方角に日がしずむところだった。


隠岐の島方面からきたプロペラ機が、出雲空港に向かって高度を下げていった。
lakeyuugure2.jpg

夕陽の展望所には数人の若者のグループがいたが、真夏のような歓声はなく、
誰もが静かに夕陽を見つめていた。
lakeyuugure3.jpg

秋の夕暮れは、人を内省的にさせるのだろうか。
lakeyuugure4.jpg

ちょっともの悲しい、松江の夕暮れ。
lakeyuugure5.jpg

パワースポット

  • Day:2011.10.02 23:01
  • Cat:場所
10月には出雲大社に日本中の神さまが集まっておられるのですが、
ちょっと遠いので、実家からほど近いところにある国宝「神魂(かもす)神社」へ。
大人でも「どっこいしょ」と大股で上がらなければならない石段を上がると…


本殿は大社造りの建造物では、日本最古です。
kamosu3.jpg

kamosu4.jpg

この神社は、知る人ぞ知るパワースポットです。
kamosu2.jpg
もちろん、生き神様(母)にも会ってきましたよ。元気にしてました(^^)
息子のこと、わかってるのかなあ。
でも、ゆるゆるパワーをもらってきました。

(松江市大庭町)