バス停に咲く

  • Day:2011.09.30 22:43
  • Cat:自然
バス停にそっと寄り添うコスモス。


道をはさんだ反対側では、稲穂をバックに歌ってた。
kumadacosmos3.jpg

kumadacosmos5.jpg

それぞれの咲き方。
kumadacosmos2.jpg

それぞれの秋。
kumadacosmos6.jpg
(右京区京北)

見てたよ

  • Day:2011.09.29 21:56
  • Cat:自然
いつもあまり人目につかないところに咲いているけど、


haracosmos8.jpg

haracosmos4.jpg

ちゃんと見てたよ。
haracosmos7.jpg

今年も。
haracosmos6.jpg
(南丹市美山町)

盆地の朝

  • Day:2011.09.28 22:05
  • Cat:自然
朝の盆地に霧が降りてきて、


kuntan3.jpg

田んぼでモミガラを燃やす芳ばしい香りが立ち込めてくると、
kuntan1.jpg

kuntan5.jpg

秋もいよいよ本番です。
kuntan4.jpg
(南丹市八木町)

天然香料

  • Day:2011.09.27 22:59
  • Cat:自然
稲刈りもだいぶすすみました。


はで干しにされた稲が、西に傾きかけた強い陽を浴びて、
miyajimaaki3.jpg

芳ばしい香りがあたりにたちこめていました。
miyajimaaki5.jpg

miyajimaaki2.jpg

ニッポンの秋やねえ。
miyajimaaki4.jpg
(南丹市美山町)

待つこと

  • Day:2011.09.26 22:59
  • Cat:自然
もう一日だけ、若狭編にお付き合い下さいね。


秋の連休の一日。
takahamawadanoumi8.jpg

この景色があれば、釣れなくても…。
takahamawadanoumi3.jpg

こちらはちょっと、波がなかなか来ない感じでしょうか。
「サーフィンの本質は99パーセント待つことにある。人は荒立っていたら待って
いられない。内なる平安がないと待っていられない」。 ジェリー・ロペス
takahamawadanoumi2.jpg

ねえねえ、この岩、南アの甲斐駒ヶ岳に似てませんか?
なんて、海に来て山の話題ですか…… (^_^;)
takahamawadanoumi4.jpg

若狭湾の三角錐

  • Day:2011.09.25 22:02
  • Cat:自然
コスモスをもとめてウロウロしていたら、市の北の端、国道162号の堀越峠まで
来てしまった。峠を越えると、もう福井県の若狭湾はすぐそこ。
急に海が見たくなって、そのまま峠を越えた。


高浜町の和田港。
波止場では家族連れの釣り客の歓声、浜辺ではサーファーたちが風と波を待っていた。
amechikashi5.jpg

湾の向こう側の三角錐が目に入ってきた。
amechikashi1.jpg

京都府と福井県の境にそびえる、青葉山だ。
なかなかに凛々しい姿。
amechikashi2.jpg

日本海側の天気は、変わりやすい。
30分ほどの滞在だったが、みるみる雨雲が広がってきた。
amechikashi3.jpg
(福井県高浜町)

立ち話し

  • Day:2011.09.24 21:53
  • Cat:ひと
カメラもってウロウロしていたら、向こうからおばあちゃんが歩いて来られます。
あいさつをすると、「どこから来たんや?」からはじまり、初対面なのに、
ご自分の病気のこと、昭和28年の水害のこと、親族の仕事のこと、町村合併で不便に
なったこと… 話はつきません(^_^;)

結局、小一時間立ち話しをすることに。
時間を気にしながら、「まあ、こんなこともたまにはいいか」。
でも、ちょっと温かい気持ちになりました。


おばあちゃん、お元気でね。
cosmosfuukei17.jpg

立ち話しをしていた真横は、洒落た小学校の建物。
cosmosfuukei19.jpg

cosmosfuukei20.jpg

ここにも、やっぱりコスモスです。
cosmosfuukei14.jpg
(南丹市美山町)

寄り添う

  • Day:2011.09.23 21:30
  • Cat:自然
山深い過疎地に、そっと咲くコスモス。


生活のにおいのする古びた建物とコスモスの組合せ。
自分の中でブームになっています。
cosmosfuukei9.jpg

きっとコスモスが、どんなものにも優しく寄り添っているからなのでしょう。
cosmosfuukei11.jpg

cosmosfuukei13.jpg

cosmosfuukei15.jpg
(南丹市美山町)

強がり

  • Day:2011.09.23 00:00
  • Cat:自然
台風が過ぎて、盆地の気温もぐっと下がってきました。
この時期、暑がりと寒がりの差が如実に出ます。
暑がりの自分は、「ああ、爽やか~」でしたが、寒がりの人は「ひざかけが欲しい」と、
震えていました。
自分の中で、衣替えは11月1日… とか強がって、いつもクシャミをして笑われています。

紅葉峠から見た、亀岡盆地です(台風前)。


momijisept5.jpg

momijisept3.jpg

夏のような雲も、この日が見おさめだったかも。
momijisept4.jpg

今日を境に、急速に秋が深まってきそうな気配です。
momijisept6.jpg

食べるもの

  • Day:2011.09.21 22:06
  • Cat:自然
昨夜から強い雨がドウドウと降り続きました。
近くを流れる桂川の水位が心配で、何度も目がさめて、
おかげで今日の会議はzzzzzzz (^_^;)
心配になって昼も帰ってみたのですが、雨もあがり水位も下がってきました。

今度は東の方ですね。東海・関東方面の皆さま、どうかお気をつけて。

台風前に稲刈りの済んだ田んぼ。


天日干しのお米は、自家用でしょうか。
自分の田んぼではなくても、ながめているだけで豊かな気持ちになれます。
miyamainekari3.jpg

miyamainekari1.jpg

miyamainekari4.jpg

「食べるものがある」。
当たり前のようでも、ひと昔前まではスゴイことだったのだと思います。
miyamainekari5.jpg
(南丹市美山町)

  • Day:2011.09.20 23:34
  • Cat:自然
いつもお花を撮らせていただいている畑。
畝(うね)の真ん中あたりに、葱が植えられています。


葱を作物の間に植えるのは、他の野菜たちにとって、とても環境がよくなるそうです。
虫除けの役目もしているのでしょうか。
gomaorangeiro7.jpg

畑の葱のような存在の人っているなあと、ふと考えました。
gomaorangeiro9.jpg

自分は“ニラ”でいこうかな ^_^;
ちょっとクセありますか?
gomaorangeiro11.jpg

完全休養

  • Day:2011.09.19 19:42
  • Cat:自然
最近、気候のせいか体が重た~い感じ。
体重は軽いんですけどね(^_^;)

ということで、何もせず、完全休養させてもらいました。
gomaorangeiro5.jpg

gomaorangeiro3.jpg

日々起こってくる雑事で気をもむことはなかなか避けられませんが、
粗食にして、できるだけ頭の中をからっぽにして、
gomaorangeiro1.jpg

新しいエネルギーが入ってくるのを待ちたいと思います。
gomaorangeiro2.jpg

今日あたりから、涼しくなってきましたね。
皆さまも、夏の疲れが出ませぬように。
gomaorangeiro4.jpg
(南丹市日吉町)

越畑の秋

  • Day:2011.09.18 21:13
  • Cat:場所
京都市右京区嵯峨越畑、有形文化財に指定されている河原家住宅。
以前は険しい道を登ってやっとたどり着きましたが、いまは新しくできた
紅葉山トンネルを通り、自宅から20分足らずになりました。


地蔵山の麓の険しいところですが、いつもきれいに手をかけられている様子です。
近くには地元の人たちでやっているお蕎麦屋さんがあります。そちら方面へ向かう
車がみな、スピードを落として屋敷を見上げています。
kawaharake5.jpg

kawaharake10.jpg

kawaharake9.jpg

今度は、銀杏の木が黄色に染まる頃、訪れてみたいです。
kawaharake7.jpg

通勤路

車のほとんど通らない、土曜日の通勤路。
信号の少ない田舎道のこと、その日の気分で通勤路にもいくつかのコースがあり、(^^)


今朝は見通しの良い風景を欲し、盆地を見渡せる広角コースです。
akinokehai3.jpg

見上げると、ようやく空にも秋の気配が漂ってきました。
akinokehai2.jpg

akinokehai1.jpg

akinokehai5.jpg

棚田に咲く

  • Day:2011.09.15 21:58
  • Cat:自然
まだ盛りではありませんが、棚田にもコスモスが咲きはじめました。


強い日差しで、ちょっとつらそう。
tanadacosmos2.jpg

tanadacosmos3.jpg

君たちには、やはり秋の空が似合います。
もう少し待っててネ。
tanadacosmos4.jpg
(嵯峨越畑)

9月公演

  • Day:2011.09.14 21:48
  • Cat:自然
初秋の劇場版“平屋富士”9月公演です。


こちらは、今年2月の公演(^^)
hirayafyjigekijo1.jpg

半年ぶりの公演は、舞台のセットがずいぶん違います。
hirayafyjigekijo2.jpg

それにしても、ほとんど真夏。
観客も汗だくです。
hirayafyjigekijo3.jpg
というか、観客は自分ひとりでした^_^;

hirayafyjigekijo5.jpg
(南丹市美山町)

次の一手

  • Day:2011.09.13 21:37
  • Cat:自然
市内でも、北部の方は稲刈りがだいぶ進んでいます。
黄金色から一転土色へ… でも


次なる仕掛けがちゃんと用意されています。
hirayasoba5.jpg

hirayasoba6.jpg

hirayasoba1.jpg

丹波の山里の色彩。その手の内は、どんな季節でも無尽蔵。
hirayasoba2.jpg
咲きはじめの蕎麦の花が、白い粉雪のようです。

(南丹市美山町)

まだまだ夏空

  • Day:2011.09.12 22:56
  • Cat:自然
田んぼや草たちは初秋の装いなのですが、


空はしっかり真夏です。
madanatsugumo2.jpg

車を止めて、
madanatsugumo3.jpg

360°…  あっつぅ~(汗)。
madanatsugumo4.jpg

madanatsugumo5.jpg
(南丹市八木町)

農道は続くよ

  • Day:2011.09.11 20:00
  • Cat:自然
黄金色の海を見下ろす、神吉上区の集落。


kamiyoshiinekari14.jpg

kamiyoshiinekari4.jpg

農道は続くよ…  どこまでも♪
kamiyoshiinekari12.jpg

これでホンマに電車が走ってきたら、ジブリの世界です。
kamiyoshiinekari5.jpg

黄金の海

  • Day:2011.09.10 19:06
  • Cat:自然
亀岡盆地より一段標高の高いこの地区では、稲刈りが始まっていました。
kamiyoshiinekari10.jpg

黄金の海を行く。


35℃近い猛暑が、また帰ってきました。ご苦労様です。
kamiyoshiinekari7.jpg

台風で稲はかなり倒れていますが、なんとかいけそうでよかったよかった。
kamiyoshiinekari6.jpg

kamiyoshiinekari11.jpg
(南丹市八木町神吉)

月あかり

  • Day:2011.09.09 23:20
  • Cat:自然
虫の声と涼しい風に誘われて、夜すこしだけ農道を歩きました。
草が伸びているので、懐中電灯で足元を注意深く… 


うまく写せないけど、民家の屋根に月明かりが映ってきれいでした。
車に頼ってしまう田舎暮らしは、日常歩くことが少ないです。
よい季節になってきたし、毎晩少しでも歩こうかなあ。
tsukiyo2.jpg
月に照らされながら歩いていると、少しだけ本当の自分に出会えるような気がします。


盆地の風景

  • Day:2011.09.08 22:58
  • Cat:自然
台風前の亀岡盆地の風景です。


山と里の境が、あるようでない。
taifuumae3.jpg

taifuumae4.jpg

食べ物をつくるところと生活の場の境が、あるようでない。
これが日本の田舎町の“ウリ”ではないでしょうか。
taifuumae5.jpg

愛宕山が見下ろしていました。
taifuumae2.jpg
(亀岡市千代川町)

身を低くして

  • Day:2011.09.07 22:14
  • Cat:自然
強まる風雨の中で、


花たちが、ちょっと身構えていました。
amenurehosono1.jpg

まだあまり成長していないのは、正解だったかも。
身を低くして、風に耐えよう。
amenurehosono4.jpg

cosmosga1.jpg
(右京区京北~南丹市)

しっとり系

  • Day:2011.09.06 22:55
  • Cat:場所
京都からの帰り道、いつも車を停めてしまう周山街道沿いの集落。
一段高いところを国道が走っていて、バス停付近が駐車スペースになっています。
真下に見える、赤瓦や白壁の目立つ家並み。


amenurehosono6.jpg

ここを通るときは、なぜか雨のことが多い。
amenurehosono9.jpg

雨の似合う、しっとり系の山里です。
amenurehosono8.jpg

amenurehosono13.jpg
(右京区京北細野町)

Uターン

  • Day:2011.09.05 22:27
  • Cat:場所
渡月橋を撮るために、曲がるべき交差点を行き過ぎたので、
路地に入ってUターンすることにした。


嵐山は京都を代表する観光地だけれど、路地を少し入ったら、
そこには人々の生活のにおいが満ちあふれていた。
uraarashiyama1.jpg

あれれ… 迷い込んでしまったようだ。
道はだんだん狭くなるし、軽自動車でよかった。
uraarashiyama3.jpg

uraarashiyama5.jpg

観光では景色のよいところ、表面だけをなめるように通り過ぎていくけど、
本当の嵐山は、路地の奥にあるような気がした。
uraarashiyama4.jpg

警報解除

  • Day:2011.09.04 22:03
  • Cat:自然
昨日は京都、今日は大阪… 台風だというのに、なんかバタバタの土日でした。

峠を越えて、亀岡盆地に帰ってきたら日暮れ時。
この時点で、まだ大雨警報が出ていました。
ケータイでパシャッ。


夜の8時ごろ、やっと警報解除。長かったです。
今回の台風では、広範囲で被害が出ているようです。
皆さまのところは、大丈夫だったでしょうか。
taifuugo2.jpg

ちょっと倒れてしまった稲たち。
頑張って立ち上がって欲しいです!!
taifuugo3.jpg

あやしい雲

  • Day:2011.09.03 22:00
  • Cat:自然
台風接近の中、あやしい雲を見上げながら午前中、所用で京都へ行ってきました。


普段は目的地まで1時間半は覚悟ですが、さすがに車も少なくて、
1時間もかからずに到着しました。
arashinoarashiyama1.jpg

途中、嵐山の渡月橋近くを通るのですが、さすがに観光客の姿は…。
arashinoarashiyama4.jpg

京都市内は風雨もさほどでもなく、無事帰って来ました。
今夜半までがヤマでしょうか。
台風の進路に近い皆さま、どうかお気をつけて。
arashinoarashiyama2.jpg

まかせなさい!

  • Day:2011.09.02 22:31
  • Cat:自然
実りの秋… なのに、


早速台風の洗礼のようです。
fujikoshiaki1.jpg

時折、竜巻のような突風がきて、そしてしばらく静かに。
夕方からその繰り返し。何とも不気味な夜です。
fujikoshiaki5.jpg

穂を垂れてきた稲たちが心配ですが、
fujikoshiaki4.jpg

「稲のガードは、私にまかせなさい!!」
fujikoshiaki2.jpg

片隅に咲く

  • Day:2011.09.01 22:33
  • Cat:自然
とりたてて何ということもない、ふつうの山里の


片隅に咲く
mizuba13.jpg

誰のためにでもなく、ただ自分のため
wachitorii11.jpg

無理に飾らず、ありのままに
wachitorii12.jpg

そんな咲き方も、悪くない
wachitorii13.jpg