原点

  • Day:2011.01.31 23:43
  • Cat:自然
200万画素のCanon Power Shotで初めてこの場所を撮ったのが、
カメラをよく手にするようになったきっかけです。


その時もやはり冬で、大堰川(桂川)は墨を流したように黒く、
しかし澄んだ水をゆったりと動かしていました。
gentoukishibe3.jpg

gentoukishibe12.jpg

この冬枯れの風景に出会わなかったら、ブログを始めるチャンスも
なかったような気がします。皆さんとお知り合いになれることも。
gentoukishibe9.jpg

この日もまた、あの時と同じ水……。
gentoukishibe8.jpg
(南丹市園部町船岡)

ブルーのチカラ

  • Day:2011.01.31 06:00
  • Cat:自然
サムライ・ブルーに続き、


日曜日の朝はこのブルーに、
tsukanomano4.jpg

力を分けてもらいました。
tsukanomano1.jpg

tsukanomano5.jpg

目の毒?

  • Day:2011.01.30 06:00
  • Cat:自然
周囲の山を見上げては、


春の兆しを探す日々。
kizashi5.jpg

kizashi1.jpg

少し赤みを帯びているだけで、うれしくなってしまいます。
kizashi3.jpg

でも、杉花粉アレルギーの方には目の毒でしょうか(~_~;)
kizashi2.jpg
(南丹市園部町)

南部と北部

  • Day:2011.01.29 13:28
  • Cat:自然
またまた発熱しちゃいました(~_~;)インフルではないのですが。
先週のが完全に治っていなかったのかもしれません。
今朝は熱は下がっていましたが、土・日は完全休養です。
ここ数年、風邪ひかなかったのですが、今年まとめて来ているみたい。


hayashinoyuki2.jpg

hayashinoyuki3.jpg

北の山々はいつもこんな様子。
強い寒気団が、例年よりも南に張り出しています。
この冬の京都府南部と北部の境は、この亀岡盆地あたりのようです。
hayashinoyuki5.jpg

hayashinoyuki4.jpg

何もないこと

  • Day:2011.01.27 23:35
  • Cat:自然
すこし前の写真です。

こう寒い日が続くと、光に満ちた水辺が少し恋しくなってきます。
fuyunotekkyou4.jpg

fuyunotekkyou5.jpg

fuyunotekkyou7.jpg

大雪、鳥インフルエンザ、火山の噴火…。
人間の力の及ばないことが次々と起こります。
寒いことくらい辛抱しなくては。
fuyunotekkyou8.jpg

「何もない」ことって、スゴイことだなとつくづく思います。
fuyunotekkyou6.jpg
(南丹市園部町)

そんな毎日

  • Day:2011.01.26 22:46
  • Cat:自然
夜間に降った雪がうっすらと積もり、昼間のお天気で消える。
ここのところ、そんな毎日です。
matamatayuki2.jpg

京都縦貫道を走っていると、北から来る自動車の屋根には、
たっぷりと雪が積まれています。
matamatayuki3.jpg

しばらくこんな日が続きそうです。
matamatayuki6.jpg

仕事の方が、ちょっと慌ただしくなってきました。
更新が滞り気味になるかもしれません(汗)が、決して見捨てずにのぞいてくださいね~。
matamatayuki1.jpg
(亀岡市千代川町)

寒気団

  • Day:2011.01.24 23:45
  • Cat:自然
年末には春の兆しを見せていた由良川の岸辺の木々も、再び眠りについて、


miyamayuugure3.jpg

残雪の向こうに夕陽が沈んでゆきました。
miyamayuugure4.jpg

また強い寒気団が南へ下がってきているようです。
miyamayuugure1.jpg
(南丹市美山町)

凍てつく朝

  • Day:2011.01.23 19:46
  • Cat:自然
また熱を出して寝込んでしまいました。幸い日曜日だったので
よかったのですが……。
今年になってから二度目です。気合いを入れていかねば。


itetsukuasa2.jpg

右が三郎ヶ岳、左奥が地蔵山です。
雪雲が去ると、毎朝こんな感じ。路面は凍結、要注意です。
itetsukuasa3.jpg

itetsukuasa4.jpg

寒い日が続きます。
皆さんもお気をつけて(^^)/
itetsukuasa5.jpg

斜光

  • Day:2011.01.23 00:43
  • Cat:自然
冷たい風に吹かれながら川面を見つめていると、


由良川の下流の方向に、雲間にかすかにのぞく太陽は傾いて、
yuragawayuki8.jpg

あっという間に水の青さを奪ってゆきました。
yuragawayuki6.jpg

yuragawayuki11.jpg

yuragawayuki9.jpg
(南丹市美山町)

もっと光を

  • Day:2011.01.21 22:03
  • Cat:自然
由良川のエメラルドグリーンと雪を期待したのですが、


到着したのは日暮前。もう少し光が欲しかった…。
雪もたいしたことなかったです。
yuragawayuki3.jpg

yuragawayuki1.jpg

yuragawayuki2.jpg

風が冷たくて、手がかじかんでしまいました。
yuragawayuki5.jpg
(南丹市美山町)

息をひそめて

  • Day:2011.01.20 21:58
  • Cat:場所
京都の街中から北に向かい、30分も走らないのに、
hosono3.jpg

谷間の集落は息をひそめて春を待っていました。
hosono2.jpg

hosono6.jpg


hosono8.jpg

この週明けのドカ雪前の様子です。
今頃は…
hosono1.jpg
(京都市右京区京北細野町)

青い水

  • Day:2011.01.19 22:46
  • Cat:自然
冬になると桂川の水が青くなっていくのは、


川の水が、波長の短い青色の光を乱反射させるからでしょうか?
でもなぜ冬だけ?
ooigawagentou3.jpg

これからまだまだ青くなってゆきそうです。
永遠の謎?
ooigawagentou4.jpg

ooigawagentou7.jpg

ooigawagentou8.jpg
(南丹市日吉町~八木町)

動きを止めて

  • Day:2011.01.19 00:30
  • Cat:自然
厳冬の世木ダム。


まわりの風景も水も動きを止めて、眠っているかのようです。
segidamugentou1.jpg

segidamugentou3.jpg

segidamugentou6.jpg

氷点下の朝。
segidamugentou7.jpg
(南丹市日吉町)

雪景色にも…

  • Day:2011.01.17 23:09
  • Cat:自然
昨夜チェーンを巻いて寝たのが正解でした。


積雪は思ったより増えていなかったのですが、道路はアイスバーン
状態。久しぶりにチェーンが役立ちました。
京都市内方面からの通勤者は大渋滞で大変だったようですが、
逆に街へ出て行く僕たちは、いつも通り到着しました。
matayuki2_20110117225953.jpg

それにしても、雪景色にも少し飽きてきちゃいました。
matayuki5_20110117225952.jpg

matayuki4_20110117225952.jpg

matayuki3_20110117225952.jpg
(南丹市八木町)

お気をつけて!

  • Day:2011.01.16 23:37
  • Cat:自然
所用で京都へ出たときに、超まわり道(笑)をして帰ってきたのですが、


かやぶき民家と雪を見ることができて、ラッキーでした。
yukinozoe4.jpg

yukinozoe5.jpg

yukinozoe3.jpg

yukinozoe1.jpg
(南丹市美山町野添)
京都府北部と兵庫県の中・北部に大雪警報が出ています。
みなさん、お気をつけて下さいね。
京都府中部のこちらも、かなり積もってきました。

雪原に消ゆ

  • Day:2011.01.15 21:25
  • Cat:自然
同じ市内でも少し北の方へ行くとこんな感じです。


setsugen6.jpg

setsugen4.jpg

引き返した?
setsugen3.jpg

setsugen1.jpg
(南丹市美山町野添)

薄化粧

  • Day:2011.01.14 22:55
  • Cat:自然
雪の朝は、目が覚めたときの窓の明るさでわかります。
kagayakuyukinoasa2.jpg

あわてて外を見て、うっすら白くなっているだけのときは一安心。
kagayakuyukinoasa3.jpg

kagayakuyukinoasa6.jpg

大堰川緑地公園は、薄化粧ぐらいが似合います。
kagayakuyukinoasa4.jpg

kagayakuyukinoasa5.jpg
(南丹市八木町)

厳冬の胡麻高原

  • Day:2011.01.13 22:46
  • Cat:自然
春から夏は花畑で彩られる胡麻高原。
今は、ひっそりと…


その中でも、彩(いろ)はないかと探してみました。
fuyugaregoma1.jpg

fuyugaregoma5.jpg

fuyugaregoma4.jpg

夕方近く、気温はぐっと下がってきました。
fuyugaregoma7.jpg
(南丹市日吉町胡麻)

岩のある風景

  • Day:2011.01.12 23:59
  • Cat:自然
特に意味はないんですけど…


I'm a rock.
funaokaiwa11.jpg

いつから同じ場所にあるのでしょう。
長~い歴史の生き証人という感じ。
funaokaiwa5.jpg

funaokaiwa6.jpg

ああっ… 絞り優先のままでした(~o~)
funaokaiwa1.jpg
(南丹市園部町船岡)

冬眠

  • Day:2011.01.11 23:11
  • Cat:自然
トトロの森に雪の降る朝。
totoroyuki1.jpg

totoroyuki2.jpg

totoroyuki3.jpg

トトロはきっと、
totoroyuki5.jpg

冬眠中。
totoroyuki6.jpg
(亀岡市千代川町)

休日出勤

  • Day:2011.01.10 23:11
  • Cat:自然
今日は祝日だったけど、出勤日。
積雪があったので、いつもより少し早い目に出発。


街に近づくにつれ、道路の雪は大したことなかったので、
他の車も通らないし、遊んでしまいました(^^)
yukimichi1.jpg

yukimichi3.jpg

日が高くなったらとけてしまいそうな程度の雪です。
yukimichi4.jpg

このくらいの積雪なら危険も少なくて、純粋に景色を楽しむことができます。
休日の出勤は電話もほとんどなく、仕事がはかどりますね。
yukimichi5.jpg
(南丹市八木町)

やっと初詣

  • Day:2011.01.09 23:19
  • Cat:場所
新年も9日になって、やっと初詣。
まずは、地元の神社へご挨拶です。


何をお願いするかというと…
2011hatsumoude4.jpg

その土地土地を守っておられる産土(うぶすな)の神様は、
きっと公的な御方。
2011hatsumoude6.jpg

だから、個人のことというより、住んでいるこの地域の
無事をお願いします。
2011hatsumoude2.jpg

御神木の前に植えられた小さな木の赤い実が可愛らしかったです。
2011hatsumoude5.jpg

微かな流れ

  • Day:2011.01.08 23:24
  • Cat:自然
冬の太陽は狭い谷間を照らしながら、あっという間に西へと去って行きます。


ooigawakareno3.jpg

残されたのは、荒涼とした静寂の世界。
ooigawakareno2.jpg

大堰川(桂川)の水は止まったようにも見えますが、目を凝らすと、
去りゆく太陽の方向へ、音もなくゆっくりと流れていました。
ooigawakareno6.jpg

ooigawakareno5.jpg
(南丹市八木町~日吉町)

旧家

  • Day:2011.01.07 23:49
  • Cat:場所
昨年末の写真です。

南丹市八木町と隣接する京都市右京区嵯峨越畑の「河原家住宅」。
京都市の有形文化財に指定されています。


きれいに手入れされたかやぶき屋根。
まるで映画のセットのようです。
kyuuka2.jpg

kyuuka5.jpg

普段は無人なのか、生活のにおいは感じられませんでした。
kyuuka10.jpg

大銀杏が黄金色に染まる頃に、もう一度訪れてみたいものです。
kyuuka9.jpg
(京都市右京区嵯峨越畑)

油断大敵

  • Day:2011.01.06 23:36
  • Cat:自然
「俺は風邪なんてひかね~よ」なんて豪語していたら、
不覚にも… ゴホン。


油断大敵です(*_*;
chiyakawayuki3.jpg

食事を少なめにして内臓を休め、自然治癒力にまかせます。
chiyakawayuki2.jpg

亀岡盆地は底冷えがしています。
chiyakawayuki4.jpg

温かくして、おやすみなさ~い。ジュルル…
chiyakawayuki6.jpg
(亀岡市千代川町)

棚田に輝く

  • Day:2011.01.05 23:10
  • Cat:自然
「雪」続きでしたので…。
昨年末に撮ったものですが。


西日を浴びて黄金色に輝く枯葉と、森の黒さが印象的で、
つい立ち止まってしまいました。
ougonnoki2.jpg

ougonnoki5.jpg

真冬の間も一瞬でも輝きたいから、葉を落としたくないのかも。
ougonnoki4.jpg
(京都市右京区嵯峨越畑)

有り難や~

  • Day:2011.01.04 22:57
  • Cat:自然
帰ってきた京都・丹波地方の雪は、こんな感じです。


tanbanoyuki1.jpg

tanbanoyuki4.jpg

今日から仕事はじめ。
tanbanoyuki3.jpg

何よりも、この青空が、涙が出そうなほど有り難い…。
今週は「有り難や」気分で、心穏やかに過ごせそうです。
tanbanoyuki5.jpg
(南丹市八木町)

魔の山

  • Day:2011.01.04 06:00
  • Cat:自然
近所の方たちに手伝っていただき、なんとか大通りまで出ることができました。
あとは国道9号線まで、重力に頼りながら滑り下ります。
除雪されていた山陰道ですが、米子道が通行止めのため、安来を越えたあたりから
大渋滞。国道181号に入ると、事故で完全に止まってしまいました。
ふと窓の外に目をやると… ちょっと心が和みます。
R181渋滞4

こうなると、心配なのはトイレです(^_^;)
案の定、車から降りてコンビニに向かう人たちが沢山歩いていました。
コンビニって、緊急事態の時はホントに頼りになるのですね。実感。
僕たちは、やっとたどり着いたショッピングセンターで休憩です。
まだ米子。先は長いです。
R181渋滞5

夕暮れのわずかな晴れ間に顔を出した大山は、
雪の塊と化していました。人を寄せ付けない
ような「魔の山」。
スキー場では、雪崩で4人の方が亡くなっています。
R181渋滞1

R181渋滞2

駐車場には、除雪された雪の塊が氷山のようにそびえていました。
R181渋滞3
(鳥取県米子市)

起きてびっくり

  • Day:2011.01.03 16:03
  • Cat:自然
年末に島根へ向かい、
年始大雪2

大晦日は雪。「きれいだね~」なんて言っていたまでは
よかったのですが…
年始大雪3

元旦の朝。
年始大雪1

松江の高台の住宅地、それも上の方にある実家は、
完全に閉じ込められてしまいました。
年始大雪5

こういうときは、急に年寄りになって息子をおだてて…。
雪国の抱えるハンデを実感させられた年末年始でした。
豪雪地帯の人たちにとっては、序の口かもしれませんけどね。
松江でも久しぶりの大量の積雪だったようです。
年始大雪4

陰陽

  • Day:2011.01.01 06:00
  • Cat:自然
陽があたったり
damukonokagayaki1.jpg

かげったりするから
damukonokagayaki2.jpg

水の彩にひかれるのでしょうか。
damukonokagayaki3.jpg

damukonokagayaki5.jpg

あけましておめでとうございます。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。
damukonokagayaki4.jpg
(南丹市日吉町)