今朝の主役

  • Day:2009.11.30 22:57
  • Cat:自然
久しぶりに濃い霧が出ました。
霧と紅葉4

毎朝通る河川敷の土手が、いつもとはちがっています。
霧と紅葉3

遠くが全く見えないことで、見慣れた紅葉が存在感をもって迫ってきます。
霧と紅葉5

霧と紅葉2

いつもは何気なくその枝の下をくぐらせてもらっている紅葉が、
確実に今朝の主役でした。
霧と紅葉1

水郷めぐり

  • Day:2009.11.29 14:17
  • Cat:
修学旅行や遠足では、いつも体調を崩してしまうような子どもでした。
「さあ、今日出かけるぞ」はよいのですが、予定が決まってしまうことで
プレッシャーを感じてしまうのかもしれません(汗)
グループ行動では、皆に迷惑をかけないように…という気持ちから
悪循環に陥ってしまうのです。
そういうわけで大人になってからは、自分のペースで動ける単独行が
主になっています。

そんな僕が一大決心(笑)をして、職場の親睦会旅行に参加しました。
行き先は琵琶湖の湖東方面。
この11月は滋賀県に縁があるようです。
写真は近江八幡の水郷めぐり、手漕ぎ舟の乗り場。
狭い水路から小さな舟に乗り込みます。
水郷めぐり1

葦や蒲の冬枯れの風景の中を、歩く速度よりゆっくり進みます。
水郷めぐり2

船頭さんは82歳。船頭仲間では最高齢とのこと。カッコいいです。
水郷めぐり3

水郷めぐり4

前半はよかったのですが、後半は逆風となり水面も波立って、
船頭さんの息もかなり上がっていました。
水郷めぐり6

水面を吹き抜ける風は、確実にもう冬の冷たさを運んできていました。
水郷めぐり5

また来年

  • Day:2009.11.27 21:42
  • Cat:場所
以前にご紹介した南丹市日吉町の多治神社。
2週間の間に紅葉はかなり散っていました。ちょっと遅かったようです。
多治神社1

多治神社4

盛りの紅葉には1年後にしか会えないと思うと、ちょっと寂しいような。
多治神社3

主役は紅葉から、南天の赤い実に移りつつあります。
多治神社2

気を取り直して、近くの府道沿いで見つけた紅葉です。
紅葉の時期も、結構個体差があるようですね。
道端の紅葉2

霧に咲く

  • Day:2009.11.26 22:37
  • Cat:自然
大家さんが植えていた苗がぐんぐん背を伸ばし、屋根より高くなりました。
花が咲いたので、何だろうと調べてみると、「皇帝ダリア」のようです。
皇帝ダリア1

今朝は、乳白色の霧の中に浮かんだように咲いていました。
皇帝ダリア3

「皇帝」と呼ぶには、儚(はかな)いイメージの花ですね。
皇帝ダリア5

皇帝ダリア4


瀬田川 その2

  • Day:2009.11.25 22:37
  • Cat:自然
早瀬を通り抜けた瀬田川は、
瀬田川10

速度を緩めて西へと向かいます。
一時は先を急いでいたのですが、「そんなに急がなくていいじゃん」とでも言うように。
瀬田川6

瀬田川7

向かう先は天ケ瀬ダム。そしてそこを通り抜けて宇治川になります。
瀬田川9
ここで瀬田川から別れて、息子が合宿している体育施設へ。
携帯を見ると、圏外になっています。
「誰からも連絡がつかない」ことの自由さを感じながら、2時間だけ練習を見学し、
3日間の合宿でグッタリの息子を乗せて家路につきました。

先日テレビである動物学者が、「動物はその脈拍数に相応した時間の感じ方を
している。脈拍の速いネズミと、遅いゾウでは、流れる時間の速さが異なる。
人間は携帯やパソコンetc.の便利な物を発明し、自らの脈拍以上に時間が早く
流れるようにしてしまった…」というようなことを言っていました。
今の世の中、なかなか難しいことですが、気持ちだけでも自らの鼓動に合わせて
暮らしたいものです。

瀬田川 その1

  • Day:2009.11.24 23:07
  • Cat:自然
南郷洗堰を通った瀬田川の水は、ほどなく急流にさしかかります。
瀬田川2

川幅が急激に狭くなっているため、ちょうど桂川の保津峡のような景観になっています。
瀬田川1

道路沿いには立木観音の登り口があり、沢山の人が急な長い石段を
登っていくのが見えます。
立木観音2

瀬田川のエメラルドグリーンと紅葉がとてもきれいで、飽きずに眺めていました。
マイナスイオンが充満しているのか、とても気持のよい場所です。
瀬田川3

瀬田川5

瀬田川4

南郷洗堰

  • Day:2009.11.23 21:31
  • Cat:場所
土曜日からバドミントンの合宿に行っている息子を迎えに、宇治市の山の中の体育施設へ
向かいました。お蔭で、わざわざには出かける機会のない瀬田川・宇治川流域を眺めながら
ドライブすることができました。
えーっと…何しに行ってるの? というツッコミは、どうか御勘弁願います(汗)。

琵琶湖から流れ出した瀬田川は、急流を通り抜けて宇治川となり、桂川・木津川と合流して
淀川となって大阪湾に注ぎます。琵琶湖が関西の水がめと言われる所以です。
南郷洗堰5

宇治川へと流す水量を調節しているのが、大津市にある南郷洗堰です。
南郷洗堰2

琵琶湖マラソンのテレビ中継では見たことがありましたが、実際に目にするのは
はじめてです。
南郷洗堰3

南郷洗堰4

堰の近くには、資料館のような施設があるようでしたが、時間がないのでスルー。
南郷洗堰1
この堰よりすこし下流に、急流になっている箇所があります。
洗堰付近の流れがとてもゆっくりなので、なんだか不思議ですが、琵琶湖の標高が80mと、
平野部より高いので、そうなるんですね。
さて下流へと向かいましょう。

控えめに

  • Day:2009.11.22 20:03
  • Cat:自然
京都・丹波地方では、ほとんどの山々は山頂付近まで
杉やヒノキの植林でおおわれています。
周山街道1

だから秋の紅葉も少し控えめ。
周山街道3

杉のすき間にちょっと間借りをして、控えめに
存在を主張しています。
周山街道2

周山街道5

いつも変わらぬ針葉樹林と、季節とともに移りゆく落葉樹たち。
その対比もまた美しいものです。
殿田1

土曜日の朝は

  • Day:2009.11.21 21:40
  • Cat:自然
土曜日の朝の出勤は、すこしリラックスムード。
いつもの通勤路も、国道をのぞいてほとんど車は通っていません。
土曜の朝1

来客もないため、いつものネクタイをはずしてラフなスタイルで。
平日と違って素の自分のような気がします。
土曜の朝2

今朝には、夜の間に出ていた霧はほとんどなくなっていました。
ちょっぴり寒いのが、なんだか心地よく感じられます。
土曜の朝3

こんな日は、机の上に積まれている書類の整理をしようかな。
まずは3000m級の山から崩していこう……
などと考えつつ。
土曜の朝4

そんな日に限って、いろいろなハプニングが起きるものです(笑)。
今日もやはり…
土曜の朝5

ダム湖晩秋

  • Day:2009.11.20 22:45
  • Cat:自然
南丹市の日吉ダム。秋も深まってきました。
日吉ダムの紅葉1

ダムの横には日帰り温泉施設があり、いつも賑わっています。
熱い湯が苦手な僕には熱すぎるので、家族のお付き合いで行く時は、
もっぱらぬる~い薬草風呂専門です(笑)。
日吉ダムの紅葉2

右下の紅葉と崖は、髪のはえぎわやら、いろいろなものに見えてきませんか?
日吉ダムの紅葉3

すこし上流にある世木ダムも、しっとりとたたずんでいます。
日吉ダムの紅葉7

冬に向かっていく風景の中で、黄色い葉だけが明るく頑張っていました。
日吉ダムの紅葉6

番外編~ 故郷の川

  • Day:2009.11.19 23:09
  • Cat:自然
宍道湖と中海をつなぐ運河のような川は、大橋川と呼ばれています。
宍道湖近くに松江大橋がありますが、橋の名前のついた川というのも珍しいのでは
ないでしょうか。
中海が日本海とつながっているため、満潮時は中海から宍道湖へ、干潮時はその逆
と、流れの変わる川です。薄い塩分を含むため、昔はカレイやチヌが釣れることもあり
ました。僕が子供の頃のホームリバー(?)です。
大橋川2

この川の中海寄りに、「矢田の渡し」があります。
今でも日本一小さなフェリー(1台しか乗れません)が現役で働いています。
対岸から手を振ると、乗船の合図です。
子供のころ、遊びで乗って船頭さんに叱られたことを思い出します。
大橋川1

大橋川4
岸辺の茂みの中から、カモさんの一団が現れました。
人慣れしているのか、近寄っても逃げません。
大橋川5

中海大橋方面にも、今年も無数の鳥たちがやってきたようです。
中海大橋1
大橋川でシジミを獲ったり、セイゴやハゼを釣っていた少年が、今、丹波の地で暮らしている。
川面を眺めながら、縁というのは不思議なものだなあ、とつくづく思いました。

番外編~ 大山 その2

  • Day:2009.11.18 22:01
  • Cat:自然
大山南壁の展望台、鍵掛峠からの眺めです。
ブナ林の向こうに荒々しい南壁が見えるはずでしたが、あいにく雲の中。
大山は西側から見ると富士と見間違うほどの富士型をしているのですが、
南北は鋭く切れ落ちていて、中国地方で唯一アルペンムードを備えた山
です。1700m余りの標高ですが、海に近いため日本アルプスの3000m級
に匹敵するような気候なのだそうです。
鍵掛峠1

ブナ林へと続く道は、冬場は積雪のため閉鎖されます。
鍵掛峠2

鍵掛峠3

ブナ林を通り抜け、大山西側の枡水高原まできた頃には、西日が斜面を
照らしていました。
しかし大山は結局最後まで姿を現してくれませんでした。
枡水原2

出番を待つスキー場のリフト。
枡水原1

翌日、父の墓参りで訪れた松江の公園墓地から、頂上付近にうっすら雪化粧
をした大山が望めました。右側には双耳峰の烏ヶ山も顔を出しています。
大山・松江から望む

番外編~ 大山(だいせん) その1

  • Day:2009.11.17 23:37
  • Cat:自然
帰省時、いつも高速道路で麓をかすめるだけの大山ですが、この日は米子道蒜山(ひるぜん)
インターチェンジでいったん降り、溝口インターまで大山山麓の地道を走ることにしました。
ブナ林2
期待していたブナ林はほとんど葉を落とし、ほとんど初冬の景色です。

ところどころに残っているモミジの紅葉が、わずかに秋を感じさせてくれます。
ブナ林1

鳥取県に入って鏡ヶ成付近では、道路沿いの林の赤い実が目につきました。
帰ってから調べてみましたが、何の木かは特定できませんでした。
赤い実1

高校1年のときキャンプでよじ登った、なつかしい烏ヶ山(からすがせん)。
大山南壁の東南にある、鋭い山頂をもつ独立峰です。
でも、雲に隠れてその全容をあらわしてくれませんでした。
森の妖精3

夕方近くなり気温はぐんぐん下がってきているようです。手がかじかんできました。
ふと森に目をやると、そこはまるで妖精がでてきそうな世界でした。
森の妖精2




多治神社

  • Day:2009.11.17 00:15
  • Cat:場所
日~月と松江に帰省していて、今しがた帰還しました。
途中の岡山県の蒜山高原サービスエリアは、1℃と冷え込んでいました。
ぼちぼちタイヤ換えなくちゃね。

銀杏が続きます。
多治神社6
南丹市日吉町の多治神社です。
「落葉神社」の記事のあとなので、若干地味目に見えるでしょうか。
多治神社2

この神社は銀杏というよりも、紅葉がメイン。
同じモミジでも、よくもまあ違うものです。
多治神社3

でも、この日はまだ早くて、見頃まであとしばらくといった感じです。
多治神社4

タイミングよく訪れることができればよいのですが。
多治神社8

陽のあたる場所

  • Day:2009.11.15 10:37
  • Cat:場所
滝ノ町と対峙し、笠トンネルの京都側にあるのが京都市北区小野郷。
谷間の静かな集落に、そこだけ明るくなっている一角があります。
小野郷2

岩戸落葉神社2

その名も「岩戸落葉神社」。
岩戸というのは地名ですが、“落葉”というのはあとから付けられた名称
なのでしょうか。
小野郷1

文字通り、境内は銀杏の落葉で埋め尽くされています。
岩戸落葉神社3

小野郷3

山峡の一角の、“陽のあたる場所”です。
岩戸落葉神社4

滝ノ町

  • Day:2009.11.14 21:19
  • Cat:場所
国道162号線(周山街道)にある笠トンネルは、山城の国と丹波の国の境界線。
京都(山城)側からトンネルを抜けると左手に見えるのが「滝ノ町」です。
滝ノ町7

パーキングエリア付近から眺める集落は、ガッツリ秋景色の中。
梅雨時分に見たしっとりとした風景とはガラリと変わって、
すべてのものがキラキラと輝いています。
滝ノ町5

滝ノ町6

滝ノ町1

滝ノ町3

まるで、柿で出来たプラネタリウムのようです。
滝ノ町2

山里の秋

  • Day:2009.11.13 22:05
  • Cat:場所
由良川をさらにさかのぼり、旧美山町の役場付近から少し南に入ったところ。
かやぶき美術館近くに、気になる場所を見つけました。
美山すすき4

美山すすき5

早くも傾きはじめたおひさまを背に受けて、すすきの一群が逆光に
輝いていました。
美山すすき6

美山すすき2

雨風をしのげる住むところと、着るもの、食べるものがある。
周囲の山々にとけこんだような単純化された風景を見ていると、
僕たちはそれだけでもっと幸せを感じてもいいんじゃないかと思
えてきます。
美山すすき7
静かな山里の、穏やかな遅い午後です。

雨あがり

  • Day:2009.11.12 21:50
  • Cat:自然
2~3日にわたって久しぶりにまとまった雨が降りました。
大堰川緑地4

今朝ようやく雨が上がり、空がすこしずつ明るさを取り戻してきました。
上流の雨を集めて、中洲が見えていた大堰川も水量を回復しています。
ちなみに、このあたりの桂川は大堰川(おおいがわ)と呼ばれています。
大堰川緑地2

春には桜色に染まる大堰川緑地公園。
今は桜の葉の紅葉で、またちがった趣です。
大堰川緑地5

ご参考までに、春の風景を紹介します。
まだブログを始める前、今朝と同時刻に撮ったお気に入りのものです。
大堰川の桜

由良川

  • Day:2009.11.11 22:49
  • Cat:自然
由良川が続きます(^^)
虹の湖よりさらにさかのぼると、ちょっと丹波離れした風景に出合います。
由良川秋2

ダムで堰きとめられた川の流れが、その速度をぐっと緩める地点。
バラエティーに富んだ河畔の風景を見せてくれるところです。
由良川秋1

秋も深まり、由良川の水の色はだんだん碧くなってきました。
これから冬枯れの季節、単調になっていく山々の景色を、由良川の水の碧さが
きりっとひき締めてくれます。
由良川秋5

丹波地方でも北に位置するこのあたりは、秋が一足先に駆け抜けていくようです。
由良川秋6

由良川秋4




虹の湖

  • Day:2009.11.10 23:16
  • Cat:自然
芦生の原生林に源を発した由良川は、南丹市美山町の大野ダムで堰きとめられて
約5kmにわたって湖になっています。この湖は「虹の湖」という美しい名で呼ばれて
います。
虹の湖1

湖といっても幅はそう広くないので、流れの止まった川のような感じです。
鏡のような湖面は、青空と岸辺の秋の色を映しこんでいました。
向こうには大岩山758m。
虹の湖2

11月とは思えない、汗ばむような天気です。
虹の湖3

近くには、何度か登場いただいている茅葺き民家があります。
今は秋の景色の中。
虹の湖4

大野ダム公園周辺は紅葉祭りのため車でごったがえしていましたが、
少し上流のこのあたりはひっそりとして、穏やかな秋の時間が流れて
いました。
虹の湖5

上和知川橋

  • Day:2009.11.10 00:22
  • Cat:自然
昨日の校舎から、由良川の支流 上和知川を少しさかのぼると、
まだ出来て間もないような上和知川橋があります。
上和知川橋1

この橋は知る人ぞ知る絶景スポットで、あまり教えたくないのですが(笑)、
こっそり紹介します。
上和知川橋4
この橋のすごいところは、真下に清流が見られるところです。
結構な高さがあるので恐る恐る下をのぞくと、上流側は真っ赤な紅葉。

上和知川橋9
下流側はしっとりとした黄葉。
一度に2つの渓流を見ることができて、お得な感じ。
水も澄んでいますね。

下流側を眺めると、織りなす紅葉の先に質美富士(といし山)がそびえています。
上和知川橋3

左手には和知富士。校舎越しに見たのとは反対側になります。
上和知川橋2

深い谷と美しい紅葉を眺めていると、時がたつのを忘れてしまいます。
上和知川橋6

廃校

  • Day:2009.11.08 18:16
  • Cat:場所
京丹波町、由良川と上和知川の合流点近く。
統合により廃校になった校舎が秋色の和知富士をバックに静かにたたずんでいます。
廃校1

廃校5
おとなりの兵庫県篠山市には、廃校を利用したチルドレンズ
ミュージアムがありますが、こちらはただ風雨に耐えている
ような様子です。

廃校4
管理していくにも経費がかかって大変なのでしょうが、雰囲気の
ある建物なので、もったいないような気もしますね。

廃校6

それにしても気持のよい秋晴れです。
お天気に誘われて校舎も「あ~~」と、気持ちよさそうに伸びを
しているような気がしました。
廃校2





霧とのお付き合い

  • Day:2009.11.07 23:07
  • Cat:自然
霧の朝。視界100m程度。
午前中エンジンのかからない僕にとって、霧はあまり好きなものではありませんでした。
霧の朝4

朝日にあたらなければ、体も心も目覚めることができないような気がするからです。
霧の朝2

でも、丹波に住んでいる以上、霧とうまくお付き合いしていかねばなりません。
なにしろこのシーズンは、ほぼ8割方、霧の朝になるのですから。
ということで、今年は霧を撮っていこうと思います。霧をもっとよく知るために。
霧の朝1

霧の朝3

この日は勤務先のある亀岡の方が、一段と霧が濃くなっていました。視界50m程度。
霧の神社

日吉ダムの秋

  • Day:2009.11.06 23:27
  • Cat:場所
南丹市にある日吉ダムです。
桂川は、亀岡盆地をとおって京都・嵐山へと流れるのですが、盆地と嵐山の間は
保津峡と呼ばれる狭い谷になっており川幅も狭く、大雨が降るたびに亀岡盆地に
水があふれ、甚大な被害をこうむってきたそうです。
治水と京阪地域の水不足対策のために建造されたのが、この日吉ダムです。
日吉ダム3

ダム湖は、湖底に沈んだ村の名をつけて、「天若湖(あまわかこ)」と呼ばれています。
僕にとっては、身近で手軽に来ることができる撮影場所です。
日吉ダム1

大きななダム施設に近づいてみると、メタリックな輝きで威圧感があります。
日吉ダム2

少雨の今年の秋は、ダム湖の奥までは水が行き渡っていないようです。
紅葉が水面に映る景色は、残念ながら今年は見れそうもありませんが、
それでも山の木々は一生懸命に秋を演出しています。
ダム湖奥3

日吉ダム4

宇津峡公園

  • Day:2009.11.05 21:50
  • Cat:自然
日吉ダムから上桂川をさかのぼって宇津峡公園までの道は、
両側に険しい崖の迫るコース。あちらこちらに落石注意の立て札が
あり、雨のあとは大小の岩のかけらが散乱していることも多いです。
宇津峡公園2

3~4キロの道を抜けると視界が開け、宇津峡公園。
色づきはじめた紅葉と植林の針葉樹の山が目に入ってきます。
宇津峡公園1

宇津峡公園3

オートキャンプ場のある公園内にも人影は見当たらず、
ただ紅葉・黄葉と針葉樹の緑が、色を競っていました。
宇津峡公園4

緑に占領されているように見えますが、紅葉・黄葉もかすかに顔をのぞかせています。
杉林の育ち方の違いから、木を育てるという仕事が、長い時間の物差しで営まれている
ことを想像します。
目先のことだけに右往左往しないようにしたいものです(汗)……。
宇津峡公園5

ここで大きく蛇行した上桂川は、秋色の集落をぬけて北へと向かいます。
宇津峡公園6

ダイヤモンド

  • Day:2009.11.05 00:47
  • Cat:自然
夕暮れ時の雲は、見慣れた風景を時にドラマチックに変えてくれます。
3日の夕方、西の山際にダイヤモンドを見ました。
ダイヤモンドsun

こういうときって、往々にしてカメラを持っていないんですね。
自然がチラッと見せてくれる決定的瞬間は、撮ろうと思っていてもなかなか遭遇
できないものです。
この日も携帯さまさまでしたm(__)m

樒原(しきみがはら)

  • Day:2009.11.03 22:47
  • Cat:場所
水尾から山道を亀岡方面に戻ると、山の斜面にへばりつくような樒原(しきみがはら)の
集落があります。
樒原3

ここも京都市右京区に属していますが、保津峡からのバスは水尾止まりなので、
反対側の南丹市方面からのバスがかろうじて通っています。
でも、一日2~3本なのではないでしょうか。
樒原4

このような辺鄙なところへ来ると、「どうやって食べているんだろう」と、いらぬ心配をして
しまいます。自分たちが食べるのに精いっぱいなのにね……。
樒原6

どんな山の奥でも、印象的な神社とシンボリックな木があるのは不思議です。
樒原9

樒原からも、愛宕山への登山道の一つがあるようです。
登り口付近では、鈴なりの柚子の実が青空に映えていました。
樒原10

鉄橋のある風景

  • Day:2009.11.03 10:38
  • Cat:場所
京都を出て保津峡のトンネルを抜け、亀岡盆地を走り抜けた電車は、
園部を過ぎると桂川沿いの狭い谷間に入り、景色は一変します。
船岡6

船岡-日吉間にあるこの鉄橋が、“山陰”への架け橋です。
京都への通勤圏内である園部から北は、電車の本数がぐっと少なくなりますが、
ときおり鉄橋をわたる電車の音が、谷間に響き渡ります。
船岡7

夕暮れ時、鏡のような川面に鉄橋がうつりこんでいます。
船岡4

川辺の木々も、徐々に秋色にかわってきました。
船岡3

柚子の里 その2

  • Day:2009.11.01 22:24
  • Cat:場所
柚子畑から深い谷を隔てて、向こうの山の斜面には鬱蒼と樹々が茂っています。
柚子の里1

ただの山にしては立派な木が多いと思っていたら、
柚子の里2

どうやら天皇陵があるようです。
写真では斜めで見づらいですが、「清和天皇陵」と書いてあります。
向こう側の山の一角のようですが、どのあたりかは特定できませんでした。
柚子の里10

調べてみると、平安時代800年代の天皇で、若くして退き出家をして水尾の里を隠棲の地と定め
ここで修業しましたが、30歳で夭折しています。
都を捨ててどうしてこのような寂しいところに…と思うのですが、きっと都の権力の世界になじめ
なかった人だったのだろうと勝手に想像しています。
柚子の里11
そんな歴史を知ると、そういえば立派な家が多かったように感じました。

愛宕山1
1200年後のいまも、愛宕山924mは変わらず水尾の里を見降ろしています。
山頂付近の鶏冠のような森も、ここからはっきりと見ることができました。