FC2ブログ

足元のリース

  • Day:2018.12.15 06:50
  • Cat:自然
初冬の里山。







足元に目を移すと、

DSC_0264_00025-2.jpg






DSC_0262_00024-2.jpg




ひと足早く、メリー・クリスマス。

DSC_0250_00030-2.jpg






DSC_0254_00029-2.jpg
kameoka, kyoto

河川敷

  • Day:2018.12.14 06:40
  • Cat:自然
河川敷の片隅で、たった一本の銀杏の木が、
そこだけの小さな世界をつくっていた。








DSC_0174_00005-2.jpg





DSC_0176_00006-2.jpg






DSC_0191_00009-2.jpg
kameoka, kyoto

トンネルの向こう側

  • Day:2018.12.12 06:45
  • Cat:自然
一年の間でも、いちばん日暮れの早い季節。







暮れていく空の展開も早いです。

DSC_0525_00029-2.jpg




欠礼の葉書が二通届く。
お世話になった方々の旅立ちを思いながら眺める夕日。

DSC_0512_00025-2.jpg






DSC_0543_00028-2_20181212005751ae6.jpg
kameoka, kyoto

晩秋の色彩

  • Day:2018.12.10 06:30
  • Cat:自然
小雨に煙る。






草たちは、冬を迎える前の最後の輝きを見せていた。

DSC_0330_00010-2.jpg



意外と色彩豊かな晩秋の山里。

DSC_0345_00014-2.jpg





DSC_0350_00016-2.jpg
nantan miyama, kyoto

ちいさな美術館の風景

  • Day:2018.12.09 07:40
  • Cat:場所
初冬の斜めの光が差し込んで。








DSC_0273_00017-2.jpg






DSC_0240_00015-2.jpg




光と影も、アートですね ^^


DSC_0242_00016-2.jpg
mizunoki museum, kameoka, kyoto

夕陽と人工物

  • Day:2018.12.08 00:45
  • Cat:自然
田んぼや畑にあるビニール系のものは、
できるだけ写らないように… と気をつけることが多いのですが、






たまには、こんな効果もあるんやなー と。
夕陽は、人工物も風景に取り込んでいくんですね。

DSC_0549_00020-2.jpg
kameoka, kyoto

ささやかだけど

  • Day:2018.12.07 00:15
  • Cat:自然
今年も紅葉の有名なスポットへは行けなかったなあ、なんて考えていたら、
工業団地の片隅の小さな公園の紅葉が目に止まる。





曇ってるし、いまいちやなぁ と思いながら寂しく撮っていると、

DSC_0026_00007-2.jpg



雲間から一瞬だけお日様が顔を出した。

DSC_0058_00002-2.jpg





ささやかだけど、魔法のような瞬間。

DSC_0068_00004-2.jpg




お日様は、またすぐにお隠れになられました。

DSC_0064_00005-2_201812070007118a5.jpg
kameoka, kyoto

コロコロ

  • Day:2018.12.05 00:15
  • Cat:自然
ある日の夕方






このコロコロは、この盆地では初めて見かけたような気がした。

DSC_0759_00007-2.jpg




でも2週間後に通りかかったときには、跡形もなく、
きれいに田んぼに鋤き込まれていた。

DSC_0756_00004-2.jpg
kameoka, kyoto

難点

  • Day:2018.12.04 06:49
  • Cat:自然
南天を何点か…  (^_^;)






南天の赤い実、大好きなんだけど、

DSC_0115_00009-2.jpg




年末が近いな~ と、焦ってしまうのが難点です…  (^_^;)

DSC_0099_00004-2.jpg




ナンテね~ (~_~)

DSC_0105_00007-2_20181204004840ddc.jpg




もう、いい加減にしなさい。  

DSC_0103_00006-2.jpg
nanten … no no no ! nantan sonobe, kyoto 

晩秋の緑

  • Day:2018.12.03 00:00
  • Cat:自然
冬を迎えようとしている山里。








DSC_0042_00006-2.jpg



色づく木々をしり目に、耕された畑に芽吹いた緑が、
やけに目に染みた。

DSC_0029_00002-2_20181202205955c20.jpg




寒くなっても、新しい緑はまだ生まれてくるんやね。

DSC_0030_00001-2_20181202205955a95.jpg
nantan miyama, kyoto